フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« みさき君に初乗り2020 | トップページ | 春が来た »

2020年1月 8日 (水)

みさき君の疝痛

昨年の12月27日(金)の夜、みさき君が夕方のご飯を半分ほど残していました。

ボロは出てたので(普段より小さく固めでコロコロの便を日中からしてたので警戒はしていました)、風邪かなと?検温したら38.9℃と熱がありました。ボロは出てるし、お腹を気にしたり横になったりと疝痛の兆候はみられなかったので、馬服を着せその晩は様子をみることにしました。

翌朝28日(土)は舎飼にて6:00検温38.9℃ボロあり横臥した形跡あり、乾草も食べる。10:00馬房にて横臥してたところを起こして、検温38.4℃ボロあり。少し熱は下がってきたので、大丈夫かなと思ったのですが、12時頃様子を見たら振り返ってお腹を気にするようになりました。この時点で獣医さんに連絡し往診を依頼。

13:30検温38.9℃ボロあり。獣医さんの診察、脱水気味、軽い便秘疝のようで注射と輸液1リットルを点滴。胃腸の動きを促す薬(クエン酸モサプリド)を経口投与。もしかしたら何か注射もしてた?(確認し忘れ)

食欲はあるんだけど、今日は絶食とのことでご飯はなし。夜20:30検温37.1℃(え、低すぎ?)。時々後躯が震えてるのは体温がまた上がってくるから?薬を飲ませて、朝まで様子見。

29日(日)舎飼にて朝6:30検温37.4℃ボロあり。いつものように朝ごはんくれくれの前掻きも激しく、熱も平熱に戻ってて一安心。7:30に獣医先生が往診。腸の動きも良くなってきたようなので、ご飯を少しずつ食べても良く、あとは飲み薬だけの治療でオッケーとのことで、往診は終了。

13:30検温37.8℃、飲み薬を投薬。17:30には少し緩めのボロも確認。

飲み薬も翌日で終了。お正月を無事に迎える事が出来て、もうすっかり普段どおり元気です。

今回も早めに獣医さんに来ていただいたので、大事に至らなくて済みました。よかったよかった。

数年前の便秘疝の治療は鼻からカテーテル入れて下剤を投与しましたが、今は馬の負担を減らすためにしないんだそうな…馬の治療も日進月歩なんですね。

« みさき君に初乗り2020 | トップページ | 春が来た »

うま達の病気・怪我」カテゴリの記事

つばさ&みさき&あらん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みさき君に初乗り2020 | トップページ | 春が来た »