フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

雪降りました

昨日、雪が降り、ほどほど積もりました。
Img_0359 Dscn0702 Dscn0706 馬たちの足にはありがたい雪です。
みさき君も大喜びで雪上ゴロンゴロン・・・


Dscn0717_2 馬友さんが遊びに来て、あらん君に騎乗。思ったより馬場状態が良くて、速歩まで出来ました。
飼い主は雪かきでほどほど疲れた1日でした。

2016年12月26日 (月)

今日は年内最後の削蹄となりました。
Dscn0691_2 Dscn0692_2  秋の長雨などで馬場状態が良くなく、3頭とも蹄の状態が今年は今ひとつ。つばさ君とみさき君は蹄叉がちょっと柔らかく、一歩間違えば蹄叉腐爛になってしまいそう・・・おまけにみさき君は白線から菌が入り込んでしまう砂登りに要注意だったのですが、今回はセーフ。
Dscn0695 Dscn0697  そして一番の悩みどころのあらん君の両後肢の蹄。今年から運動の量が増えた結果、蹄の前の部分が磨耗して無くなってきてしまいました。後ろ足をずって走る癖がついてしまってるんですね(泣)このままひどくなると跛行や脚腫れの原因になってしまいます。が、幸いなことにこれからは冬休み。雪も積もれば砂で磨耗することも無くなるので、春までの3ヶ月でどこまで回復するか!
 最悪、ボンドで蹄壁に合わせて成型とか・・・蹄鉄はかすとか・・・出来れば裸足のままでいきたいので、後肢を上げて歩くように、人間が頑張って調整します。

2016年12月25日 (日)

乗り納め?

朝はガチガチに凍っている馬場も午後の数時間だけ融けたので、今日は久しぶりに騎乗。
Dscn0688 Dscn0689 なんと速歩まで出来ました。次はいつ融けるかわかりませんが、もしかしたら今日が乗り納めになるかもですね。

2016年12月23日 (金)

林道もツルツル

奥の林道へ探検に。ツルツルなので、あらん君の引き馬で。
Img_5811 Img_5812_2 Img_5813 ツルツル路面を頑張って歩いたご褒美に笹のおやつです。
雪がなくて日常生活は有難いけど、馬たちにはちょっと辛いです。

2016年12月21日 (水)

運動せねば

馬場がちょっとでも溶けてるので、運動できる時にせねば。
Img_0345Img_0346_1 Img_0349  12月に入ってほとんど運動できずで、力の有り余ってるあらん君は駈歩でフィーバー。泥んこみさき君は渋々走る・・・みさき君は疝痛を起こしやすいので、頑張って走ってもらいますが、汗のかかない程度で終了。次はいつ走れるかなあ・・・

2016年12月17日 (土)

黙々と常歩運動

雪がちょっと積もったので、運動馬場で黙々と常歩しました。
Dscn0666 Dscn0671  風が時折ビューっと吹いて、寒かったけど頑張りました。人間が!
 雪の下は所々ツルツルなので、みさき君もあらん君もかなり慎重に歩いてました。

2016年12月11日 (日)

浦河は積雪ゼロ

昨日は大荒れの北海道(札幌とか千歳とか)でしたが、浦河は晴天で積雪ゼロ。別世界です。
Dscn0639 88Img_5776_2  馬場がガチガチに凍ってしまったので、常歩しかできなくなりました。引き馬で頑張って運動します。今日は奥での林作業が休みだったので、みさき君とあらん君は奥へ引き馬散歩。つばさ君は馬場での引き馬。人間にも適度に良い運動です。

2016年12月 5日 (月)

今日でシーズン終了?

 気温は暖かいのに午前中雨だった残念な1日。そろそろ馬場も凍ってくるだろうし、きっと今日が速歩運動できる最後の日になるかと思われます。
Dscn0587  午後の2時頃には青空も見えお天気も良くなったので、みさき君を追運動、あらん君を調馬索運動。やっぱり汗だくにさせてしまいました。
明日からまた寒さが厳しくなる予報・・・馬場は凍らないで欲しいけど、多分無理でしょう。

2016年12月 4日 (日)

ドロン君、つばさ君に乗る

今日は12月にしては暖かかったので、馬場で運動することができました。
ちょっと走っただけで汗だくになってしまう、冬毛モコモコのつばさ君。
Img_5758 沈静運動の時、ドロン君も馬に乗りたいというので、乗せてあげました。ちょっと楽しそうでした。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »