フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

アブとの戦い

 今日も暑かった浦河町。湿度も高く、ちょっと動いただけで汗がじわり・・・
Dscn0089 Dscn0090 Img_5514  朝4時半に放牧しましたが、7時はアブがブンブン飛びはじめ、馬たちもイライラし始めます。10時には乗り終えたいので、夏の運動は9時スタート。
馬も騎乗者も良い汗いっぱいかいて、運動終了。
Img_1436 終わった後は、馬房でお昼ご飯です。外はアブがすぐに寄ってくるので、馬たちも部屋の中が過ごしやすいみたいです。
ご飯終了後にまったりくつろぐみさき君でした。

大雨の後

記録的豪雨の痕跡…タンネベツ沢に架かる橋のたもと…護岸工事してあった場所が大きくえぐられ、ネットごと流されてます!(◎_◎;)
Img_1437 Img_1438 Img_5507  浦河町も床上浸水や農業ハウス等への浸水など大きな被害が出ましたが、人的被害はなかったようで本当によかったです。

2016年7月29日 (金)

大雨@浦河町

昨日の浦河は大雨警報と土砂災害警戒情報が発令。町内全域に避難勧告が!

水曜日からの雨で家の裏を流れる向別川支流タンネベツ沢の水量が増え、もうちょっとで氾濫しそうな状態になりました。ここから川水が溢れてしまうと、我が家も厩舎の浸水は免れないでしょう。

↓朝一では、裏の青草パドックは水没・・・

↓小さな水路は氾濫してしまい、トイレ等が半日ほど使用不可になりました。その後、さらに水は増え、厩舎の建物ギリギリまで水位は上がりました。住宅の基礎はある程度高く作ってあるので(住宅を設計して下さった建築士さんが、道道と同じ高さで基礎を作ってくれてます。これはきっと土地柄の水害等を考えてだったんだと後から納得でした)、床上浸水等の心配はないのですが、厩舎は地面と同じ高さ。今まで厩舎浸水の被害を受けたことはなかったのですが、今回はヒヤヒヤしました。

↓水路溢れた水はから放牧パドックに容赦なく流入。すっかり湖となってしまいました。

午後には雨も止み、徐々に水は引いてくれたので、建物への浸水は免れることができました。

数年前にも大雨で水没したことはありましたが、ここまで水位が上がったのは初めてのことです。裏のタンネベツ沢の本流である向別川の下流では道路冠水や床上浸水等の被害が出たと、夕方のテレビのニュース、今朝の新聞等で知りました。自然災害は改めて予測不能で怖いと感じました。

2016年7月24日 (日)

つばさ君の無口頭絡

 青草のパドックに放牧しましたら、なんだかつばさ君の無口が変てこりんな状態に?
1 2  もしや破壊されたのかと慌てましたが、ちょっとずれてただけでした。
 どこに引っ掛けたのでしょうか・・・

油断大敵180度ターン

 この時期にしては珍しく気温も低め、虫も少ない感じがしたので、久しぶりに山の奥へ偵察に出かけました。
Img_5497_2 Dscn0075Img_5499  山の奥は草が背丈以上に生い茂っていて、見通しの悪いのなんの・・・先頭をつばさ君で進みましたが、今日は青草の誘惑が強すぎたらしく、怪しげな行動のオンパレード。青草を食べるのに首をグッと下げて、尻っ跳ねしたり・・・もうすぐいつもの折り返し地点に到着という場所で、先頭のつばさ君がいきなり立ち止まり180度ターン、騎乗者バランス崩れて落馬のち放馬・・・バタバタする後方のみさき君とよくわかってないあらん君の横をすり抜けてしまったつばさ君・・・このまま家まで帰ってしまうかもと肝を冷やしましたが、ちょっと行ったところで青草をハムハムと食べて止まってくれました。
 外乗で怖いのは、放馬した馬が走り出して、それを追いかけようと後続の馬も興奮・暴走してしまうことです。興奮した馬はほぼ制御不能になりますので・・・
 幸い落馬した飼い主も怪我はなく、すぐにつばさ君を捕まえて再騎乗することができましたが、つばさ君は一体何に驚いて180度ターンしたのか、ついにわからないまま・・・奥の方に何かいたのかもしれません^^;
 見通しの悪い山の中を行く時は、油断してはいけませんね。

2016年7月17日 (日)

削蹄などなど

今日は久しぶりのS君親子乗馬でした。
A B  隣の採草地で牧草作業が行われる中での乗馬でしたが、馬は集中して動いていました。騎乗していた人が、牧草ロールが出来上がる光景に気が散ってしまっていたよう(笑)
 絶好調のみさき君に乗って、駈歩を2周もしました。普段は一周したら自動的に速歩に移行してしまいます。今日のみさき君はスポーツカーのようだったらしい・・・ちょっとスピード速く感じたようですが、周囲の人間には普通に見えました。
 先週みさき君に乗った時、右後肢の踏み込みが変に感じたので、数日休ませ、木曜、金曜と調馬索運動をしておいたのが、良かったみたいです。
C  その後は8週間ぶりの削蹄。3頭とも蹄叉腐乱などもないようで、状態は良好とのことでした。

2016年7月11日 (月)

あらん君の訓練

最近、またまたあらん君の訓練指導員さんが増えました。
555 666 777 ダブルレーンでのロンジングとドライビング。写真はドライビングです。
馬の口向き(ハミ受けの状態のこと)を良くするのに良い調教方とのことです。
あらん君にはたくさんの方が関わって下さり、いろいろと教えてもらえて、感謝感謝です。

ドロン君の災難

先週の金曜日の午後から顔が腫れ始め・・・
111 222 土曜日にはお月様のようにパンパンに腫れ上がってしまったドロン君の顔。目も開けられない感じだったので、何事かとびっくりだったのですが、動きは普通でいたって元気。
傷も見つけられずに原因も特定できずにいましたが、夕方訪ねてきた馬友さんたちがカサブタになっている傷を発見してくれて、何かに噛まれたようだとわかり、とりあえず薬を飲ませました。
333 444 翌日日曜日の朝にはすっかり腫れも引いて、今日月曜日の朝(写真)は完治してました。よかったよかった。
今年は蛇が多く出没してるらしく、今日もお隣さんからマムシでたから気をつけてと注意されました。もしかしたら、ドロン君は蛇と闘ったのかもしれませんね。

2016年7月 4日 (月)

オニヤンマ

朝、馬を放牧する時、牧柵に何やら物体がぶら下がっているのを発見。
1 2  羽化したばかりのオニヤンマ!それも4箇所。
羽が乾くのをじっと待っているオニヤンマ。
 オニヤンマはにっくきアブの天敵なので、ありがたい存在です。
 ヤゴは綺麗な水辺で生息するらしい・・・我が家の周りの水路はホタル・オニヤンマのヤゴ・エゾトミオ・カワニナ・・・いろいろな生物が住んでます。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »