フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 秋深し、道南への旅 2013(1日目) | トップページ | 秋深し、道南への旅 2013(3日目)   »

2013年10月27日 (日)

秋深し、道南への旅 2013(2日目) 

函館2日目、今日もよい天気。目的の江差線に乗るため早起きをし、6時53分発の江差行きに乗る。廃線のニュースが出て、乗客も増えているようで1両の汽車はほぼ満席。Img_2350無くなると聞いてという年配の方々もおられたよう。

木古内駅から廃線となる江差線に入り、山深い線路を走る汽車。
終点江差には9時17分着。この後10時27分に折り返しの出発となっている。Img_2352
Img_2356
駅を出て周辺を散策、といっても江差の中心街からは少し離れているので、すぐ駅に戻る。
Img_2353日本海がきれいだ。
駅で売っていた弁当を買って、折り返し待ちをしている汽車の中で遅い朝食。
Img_2357ニシンとカズノコが入った、江差らしい弁当をいただく。
行きより空いている江差線木古内行きは時間通り出発。
朝来た線路を逆戻り。
木古内駅着11時30分、次の鈍行は12時26分発の函館行きと1時間近くあるため、この日もズルをして11時44分発の特急白鳥で12時22分に函館に戻る。
Img_2359 Img_2360 Img_2367木古内駅では江差線の汽車の奥で、着々と北海道新幹線の駅が建設中。
さて、函館では今年就業100周年の市電へと乗り換え。まずは函館駅前から谷地頭まで乗車。1日乗車券は600円とお得。
Img_2374
谷地頭では近くの函館八幡宮にお参りし、市電で十字街に戻り、
函館ドック行きに乗り替え。
Img_2370
遅い昼色は函館ラーメン。

Img_2385

バスの添乗員さんも居たので、本物でしょう。
市電の吊り広告に出ていた
函館市北方民族資料館に立ち寄り、「北の神々と霊魂の世界」なる特別展を鑑賞。
その後また市電に乗り次は、改装後初となる函館競馬場へ。
開催はしていない時期だが、

Img_2392

競馬場は解放されており、箱館山を望みながらスタンドで佇む。
湯の川行きの市電に乗り終点まで。これで全路線制覇。
今日は湯の川温泉に宿を取った。
食事は宿の食事付きパックで、ホテルのすぐ前にあるジンギスカ

Img_2398_2

ンのお店。
美味しいラムの焼き肉をお腹いっぱい食べて大満足。
掛け流しの温泉につかり、この日も早々に就寝。
3日目へと続く。

« 秋深し、道南への旅 2013(1日目) | トップページ | 秋深し、道南への旅 2013(3日目)   »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋深し、道南への旅 2013(1日目) | トップページ | 秋深し、道南への旅 2013(3日目)   »