フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 屋根猫シャビ | トップページ | みさき君、暴れん坊将軍となる »

2013年6月20日 (木)

みさき君の乗り心地

 今日は夕方馬友さんにつばさ君の調整をお願いしたので、飼い主は午前中みさき君にじっくり乗ることにしました。
 きちんとキュロット(乗馬スボン)をはいて、ジョッパーブーツ&ショートチャップスという乗馬の格好で騎乗。キュロットはいて家の馬に乗るのなんて、いつぶりだろー・・・騎馬参拝以来だな。ということで、真面目に乗ることにしました。つばさ君の後ろをついて走るのはオートマチックで楽ちんではありますが、いろいろなことがおろそかになりがちです。
 例えば駈歩の扶助。部班で乗れば、つばさ君が駈歩になれば、自動的にみさき君も駈歩をしてくれます。これでは駈歩の合図で駈歩発進を馬が忘れてしまいます。今日はいろいろな約束事の確認作業です。
 脚の圧迫の合図で発進できるか、もちろん最初はみさき君もナンノコッチャでよくわからないので、一緒に話し合いをしながら約束事を決めていきます。この強さのこの合図は速歩だよー。できたら、褒めまくり、次の作業・・・駈歩はこの合図ですよー。最初はあれ、速歩かな?ってみさき君も悩みます。駈歩が出ない時は鞭を使って一度駈歩を出します。そうすると、ああ駈歩ねとなって、繰り返し続けていくうちに脚の扶助だけで駈歩発進を理解します。
 体がほぐれて後ろ肢の踏み込みが良くなってきたところで、ハミを受けての運動開始。今まで前までだった動き・・・上への動きも加わるので、フワフワっとなるのですが・・・飼い主の技量が全く足らないので、半周でぜーぜー。このフワフワの速歩だと、正反撞もきれいに座れるんです。この乗り心地の良さ、いろいろ人に味わって欲しいのですが、これがなかなか難しいのです。ネックストレッチとか道具を使うのも考えましたが、道具を使うとみさき君前に進まなくなります・・・なにか良い方法ないでしょうか・・・
06202 06201 06203 運動後は丸洗いして、放牧・・・砂浴びゴロゴロして気持ちよさそうでした。

« 屋根猫シャビ | トップページ | みさき君、暴れん坊将軍となる »

つばさ&みさき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋根猫シャビ | トップページ | みさき君、暴れん坊将軍となる »