フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

日曜日くらいお休みして下さい

 日曜日なので奥の山での森林伐採の作業はお休みだろうと思って、トレッキングに入ったら・・・車が入ってきました。
02241  除雪が入ったばかりだから、路面はツルツル滑らないので、トレッキングできそうでラッキーと思ったのに・・・さらに奥へ行きたかったのですが、奥は車とすれ違えるポイントがないので、すぐに引き返してきました。お願いだから、日曜日くらいお休みして下さいよー。
 作業用の古タイヤが所々に山積みされていたのですが、それを見て2頭は「物見パニック」に!普段歩き慣れた道なのに・・・見慣れぬ物体はやはり怖いらしい・・・タイヤ単品はパドックの周りに重石がわりに追いてあるから見慣れているはずなのに、山積みになっていると別の物体と化すんですね・・・2頭ともしばらくブーブー怒っていました。
 お詫びにツララのプレゼント。02242 ここ数日の寒波で大きく成長したツララさん・・・みさき君はちょっと舐めていらん!とまたまた怒っていました。

2013年2月23日 (土)

つばさ君のレッグウォーマーの威力

 今日も雪深い広い馬場を解放してみました。
02232  最初は喜んで入っていく2頭なのですが、雪が深いとつばさ君はすぐに戻って来ようとします。
 もうちょっと遊んでおいでよーと、促してもじっと立ったまま・・・余計なエネルギー消費はしたくないんですよ!と訴えてきます。
02231  つばさ君が省エネしたいらしいので、無理に歩けとは言わない飼い主。でも、雪の中でじっと立ってて脚冷たくないのかなーと心配になります・・・でも、大丈夫!つばさ君の脚には毛がフサフサに生えていて、この毛が寒さをブロック!天然のレッグウォーマーの威力はすごいですよ。

2013年2月21日 (木)

融けない雪・・・

 2月も中旬を過ぎたというのに、馬場の雪は減るどころか増える一方?今週に入って真冬日が続き、さらに追い打ちをかけるように雪が降り積もり、ちっとも融けません。例年だとこの時期、雪は徐々に融けて積雪量は少しずつでも減って行くのになあ・・・
02212_3 02211_3  おまけに暴風の時は雪が飛ばされて地吹雪状態になる我が家・・・家につながる町道には雪の吹き溜まりがところどころに出来てしまい、車の出入りも難儀します。砂馬場にも吹き溜まる場所ができてしまい場所によっては、みさき君のお腹まで雪が積もっているところもあります。
02213  チャレンジャーみさき君は、果敢に深い雪を攻めて行きますが、傍観者つばさ君は手前の雪の少ない場所をウロウロ・・・それでも本気出して歩かないと大変そうなので、そこそこ良い運動にはなっているようです。つばさ君の尻尾・・・すっかり雪の上を引きずってますね・・・切らなきゃ。

2013年2月17日 (日)

ばんえい競馬のミサキ&コジロウ

 我が家が応援しているばんえい競馬のミサキ&コジロウ・・・今シーズンはなかなか一緒にレースに出る日がなくて応援にいけずにいましたが、久しぶりに本日現地帯広競馬場まで応援に行ってきました。
12171 02172  ミサキスペシャル 牡 青毛 2004年3月22日生まれ 父:カネサスピード 母:ヒカルイーグル
 今日は第9レースに出走。馬場はミサキ向きでしたが、前の馬が止まらずいってしまったので、最後の追い込みも届かずに2着・・・頑張った頑張った・・・

02175  02174_4 コジロウスペシャル 牡 鹿毛 2008年4月12日生まれ 父:ウンカイ  母:エンジュホマレ
 今日は最終第11レースに出走。パドックでは暴れまくっていたので元気なのかなと思ったのですが、体重も減っていてあまり調子は良くなさそう・・・人気も低く・・・結果は10頭中10着でした。やはり調子が悪かったのでしょうか。でも最後まで一生懸命頑張りました。一年とおして良い調子を維持するのは難しい・・・波があって当然です。今が踏ん張り時!!頑張れコジロウ。
02176  極寒の帯広、レースを終えた馬たちから湯気がモクモク・・・これぞ冬のばんえい競馬の醍醐味。屋外は寒くても競馬場のスタンド内はジェットヒーターがガンガン焚かれていてポカポカ。今年は燃料代の経費が大変だろうなとちょっと心配。売り上げ伸びてるのかな・・・今年度のばんえいの収支はどうなっているんでしょうか・・・頑張っている関係者の方たちの努力が実るといいのですが。
02173_2  我が家も微力ながら毎週馬券を買って応援しています!頑張れ「ばんえい競馬」!

 ※特別嘱託職員広報担当ミルキー君がメインレースの誘導馬で登場。かわいくドレスアップしてました?多分ウエスタン鞍を装鞍してると思われるのですが・・・腹帯が食い込んでましたー(笑)

2013年2月16日 (土)

暖を求めて猫だんご

 2月に入ってフキノトウも出始め、少しは春めいてきた浦河ですが、それでもまだまだ朝晩は寒い日が続いています。
02152  厩舎前にて朝の日向ぼっこを楽しむ犬のロビーとシャビ猫。お日様が待ち遠しかった2匹です。
02153  あまりに寒い時は牧草の中であったまる猫たち・・・早く暖かくなるといいね。

2013年2月15日 (金)

ちかごろ・・・山奥では

今年の冬は裏山が騒がしい・・・森林伐採の作業が連日続いておりまして・・・
02151  平日はこんな木をてんこもりにしたトレーラーが日に何度も行き交っているので、おちおち散歩にも出られません。本当はみさき君の運動不足解消に散歩に連れ出したいのですが、トレーラーとすれ違うのが大変なので諦めています。
 犬のロビたんの散歩も聴力をフルに活用して、万が一にもトレーラーが近づいて来たら走って逃げます(ウソ)。トレーラーの邪魔にならないように路肩の雪山に避難しますが、まだ積雪が多いので足が雪にずぼずぼ埋まって結構大変なのです。
 作業が終わったら、山がどうなったか見に行こうと思っていますが、きっと禿げ山になっているんだろうな・・・自分が所有している山じゃないので、文句言える筋合いではないのは重々承知しておりますが、やはり山の景色が変わるのは寂しいものです・・・

2013年2月13日 (水)

七・三男子

 

つばさ君の前髪がかなり伸びてきました。せっかくのトレードマークの星模様も見えなくなってるので、ちょっと分けてみました。
02131 02132  最近流行の「七・三男子」・・・似合っているような似合ってないような・・・微妙な感じ。つばさ君、オシャレ七・三男子には程遠い・・・?
 ・・・そろそろ春のカットしなくっちゃhappy01

2013年2月12日 (火)

久々に調馬索でも…

昨日の3連休最終日…なので?夕方、久しぶりにみさき君の、調馬索運動してみました。Image 雪が深いので、人間も大変なんですが、走らされるみさき君も辛い⁈ほんの10分ほどで終了。かなり、いい運動になりました。人間のですが…3連休、ダラダラしすぎましたね。

2013年2月 4日 (月)

馬の博物館(横浜)

 昨日、横浜市の根岸森林公園にある「馬の博物館」に行ってきました。
この公園、実は洋式競馬発祥の地。博物館の奥には、当時の観覧スタンドの建築物が残っていて遠くに眺めることができます。今は老朽化してて立ち入る事ができないようなんですが、西欧風の風流な作りが遠くからでもみてとれます。公園の遊歩道も走路の名残のようなカーブがあるので、ここが昔は競馬場だったという話も納得です。

Image館内には馬文化の伝来、日本の馬文化の展示コーナー、馬の生態を知るコーナなどが、わかりやすく展示されています。季節ごとにいろいろな催し物もやっていて、この日は某有名競馬漫画家さんのイラスト展もやっていました。

Image_2森林公園内に隣接するポニーセンターでは、いろいろな種類の馬を飼育していますが、なかなかガードが固く、普段は一般客が触れ合うことはできないようです。馬が目の前にいるのに、柵が2重になってて・・・ナデナデ出来ないなんて・・・かなりストレス感じました。

 わが町浦河にも馬の博物館(馬事資料館)がありますが、展示品等負けてないと思いました!でも、まあお金のかけかたはちょっと負けてますね。運営団体の違いも大きいですが。

2013年2月 1日 (金)

雉?

昨日のロビたんのお散歩最中に道路っぷちに何やら動く物を発見。
02013  ちょっと大きめの鳥さん・・・おそらく雉だと思うのですが、ロビたんに気づいてもすぐに逃げません。写真を撮ろうと思って近寄ったら、やっと飛びました。
02014  でも、雉ってあんまり高くは飛ばない?飛べないんですね。3mほどしか遠くへ逃げられませんでした。
 パートナーの雉さんが近くにいるのかなと思って、探してみましたが近くにはいないみたいでした。この後、雉さんはせっせと歩いて山を登っていき・・・飼い主とロビたんは猫とか狐に気をつけるんだよーと見送りました。

シャビ君、牧柵の上がお気に入り

02012_202011_2  仔猫のシャビ君、最近のお気に入りは牧柵の上。馬たちの飲み水をちょっと盗み飲みする時も、牧柵の上から・・・足も冷たくないし、木が暖かくていいみたいです。
 時々、馬たちに鼻息かけられたり、かじられたり、どつかれたりというリスクもありますが、シャビ君あまり気にならないようです。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »