フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

北海道乗用馬オークション2012

 初めて乗用馬オークションの見学に釧路まで片道3時間かけて行ってきました。去年までは平日開催だったので、なかなか見に行けなかったのですが、今年は土曜開催。知人が初期馴致した馬も上場されるときいていたので、これは見に行かずにはいられません。
10274 10273  10時から開始の展示でしたが、到着が遅れたため途中からの見学。1歳から5歳までの40頭(うち3頭キャンセル)が上場されました。この展示でフリージャンプや障害飛越を見れるものだとばっかり思っていたのですが、なんとなんと引き馬展示のみ。前日の試乗の時にフリージャンプなども済ませてしまったそうです。本当に見られなくて、残念です・・・
10271 10272  セリ開始の13時まで待機する上場馬たち。みんな繋がれてじっと立っていますが、これもきちんと馴致されてるんですね。
 やはり名簿の写真と実物とでは、全然違います。高さとか背中の広さ、首の太さ、蹄の状態・・・そして顔のかわいさ!!
10275 1027  さてさてセリの結果はといいますと・・・当日上場の37頭中14頭が売れたようです。なかには205万円の価格がついた子もいました(知人が初期馴致した馬です!)。平均して70万円ほど・・・1歳馬は一頭も売れず・・・皆さん(本州の乗馬クラブさんなど)やはりある程度出来上がった2歳馬、3歳馬を買っていました。
 我が家はセリで馬を買う事はないと思いますが、いろいろと勉強になった一日でした。

2012年10月24日 (水)

シャビ君とコジローおじさん

すっかり大きくなったシャビ君です。最近はコジローおじさんにしょっちゅう間違われます。
10241
上から見ると模様がそっくりなんですね。
10243
でもお腹と足は白いから、間違えないでね。
10242

2012年10月23日 (火)

一雨ごとに秋深まる・・・

1023_3  朝晩めっきり冷え込むようになってきた浦河町・・・家の周りの山々も気づけば赤や黄色に色付いてます。最近、雨量が多くて馬場が乾きません・・・このまま朝方凍るようになると午前中乗れなくなるので、ちょっと困るなあ。

2012年10月16日 (火)

秋を感じます

 猫達がびったりとくっついて寝始めると、秋を感じます・・・
10161_2  涼しくなって夜な夜な出歩くコジロー&ワカちゃん。日中はお疲れなのか、乾草の中でぐっすり・・・仔猫のシャビ君がくっついてきても、気にせずに爆睡・・・シャビ君もウトウト・・・そして寝てしまいました。
10162  冬にむけてふっくらして貫禄の出て来たシャビ君。犬のロビたんの特等席を横取りです。

2012年10月14日 (日)

外乗日和

 今日は裏山へトレッキングデーhorse。快晴のトレッキング日和。
10142 出発してすぐに奥からオフロードバイクが走ってきます。バイクの人、エンジンを切って馬が通り過ぎるのを待ってくれていたのですが、みさき君もつばさ君も見慣れないバイクという物体を怖がって前に進もうとしません・・・仕方ないので、下馬してみさき君を引き馬・・・かなり抵抗されましたが、なだめてなだめて、バイクの横を無事に通過と思ったら、つばさ君がついてきていません。つばさ君、ジタバタしていたら、バイクのお兄さんがヘルメットをとって声をかけてきました。あら、いつもお世話になっている車の整備工場の社長さん。奥へきのこ採りに行ってきたとのこと。で、人間だとわかって安心したのか、つばさ君も無事にバイクの横を通過・・・
10141  いつもの10月より草が枯れてないので、見通しは今ひとつの森の中、一生懸命鈴の音を出したり、歌を歌ったりして進みます。どうかクマさんに遭いませんよーにと心の中で祈りつつのトレッキング、ドキドキしながらのトレッキング。
10143 10144_2  先日の豪雨のおかげで川岸が決壊し、川へ降りるルートができました。そこから川へ降りて、川の中を歩いて登ります。ところどころ岩がゴロゴロしていて足場が悪い部分がありましたが、馬達つまずきながらもなんとか歩けました。かなり長距離、川の中を歩くコースができて初心者の方でも楽しめるコースになってきました。
 しかし肝心の馬・つばさ君は相変わらず道草食いに首下げ攻撃を連発していましたので、緑の時期に初心者の人を乗せるのは難しそう・・・もう少し草が無くならないと駄目・・・草よりもクマの方が怖いので、やはり自力でクマから逃げれる人しか案内できないかなあ・・・クマなんかに出逢ったら、きっと自分のことでいっぱいいっぱいになっちゃうので、自分のことは自分で出来る人だけ限定でご案内しましょう。

2012年10月13日 (土)

シャビ君の初獲物なのか?

 お昼前、厩舎へ行くと、何やらシャビ君が隅っこで物体と遊んでおります。
10131 また虫とでも遊んでいるのかな・・・もー虫なんて食べないでよね!!と近寄ってみますと、虫というにはあまりに巨大な物体。足があるしー・・・とよーく見ますと、何と「カエル」さん。
10132  瀕死のカエルさんをちょいちょいとイタブル姿はさすがにネコ科の動物・・・あまり食べて欲しくないので、速攻没収。まだ少しだけ息のあったカエルさんではありましたが・・・
 にしてもこのカエルさんはシャビ君がハンティングしてきたのか、それとも他の成猫が持ち帰ったものをシャビ君が横取りしたのか・・・謎は深まるばかりなのでしたあ・・・

林道偵察

 夏の熊遭遇騒動から、奥の林道へ一歩も入っていなかったので、ちょっと偵察へ出かけてきました。
10134  もちろん軽トラックで。熊避けにロビたんも連れて。熊と万が一遭遇した場合、闘えるようにカマも持って!(ウソ)。
 先月まで散歩にも行きたがらなかったロビたんですが、軽トラックで引っ張ると喜んで走りました。まだまだ元気なので、安心しました。
 さて、林道の10133奥の状態ですが、先日の豪雨の影響を大きく受けていて、川岸の土がとこどころおおきくえぐられていて、少し風景が変わっていました。我が家のトレッキングルートの一部だった小川も川幅が広くなり、かなり歩きやすくなっています。前までは馬一頭とおるのがやっと・・・小川に散乱していた木の枝などを撤去、笹薮をカマでばさばさと刈って少しコースを整備してきました。さらに山の奥は勾配の険しい山道が続きますが、こちらの道路もきっと豪雨で削られたり流されたりしているだろうと予想されます・・・奥への偵察は次の時にでも。
 今日は幸い熊の気配はなかったものの、これから熊の活動も活発になる季節ですから、十分に注意してトレッキングに出かけないといけませんね。

2012年10月12日 (金)

ロビたんのお散歩

 夏以降、奥の林道へあまり散歩に行きたがらなくなった犬のロビたん・・・ある場所(実は飼い主1号が熊と遭遇したポイント)へ来ると踏ん張ってそれ以上先へ行こうとしません・・・が、飼い主に無理矢理引きづられてなんとか散歩をするをいう日々が続いておりました。
 昨日、みさき君の運動がてらロビたんの散歩に連れ出しましたら、ロビたん大喜びで歩くじゃないですか!!
10121 10122  今までの散歩タイムがウソのようです。飼い主より、みさき君と一緒の方が安心なんでしょうかねえ・・・まあ、いいんですけどね。ただ、真っ黒い馬体のみさき君を後ろに連れ歩いていると、もしかしたら熊に見えるんじゃないか「熊に追いかけられている図?」とちょっと心配になる飼い主です。通りかかりのみなさん、遠くからみかけても警察に通報しないで下さいね。ただの馬の散歩ですから・・・
10123  で、毎度置いてきぼりのつばさ君。何回も寂しいよーと嘶いておりました。

2012年10月11日 (木)

馬友さん達の成長ぶり・・・

 月曜日につばさ君がどうにも悪い子だったので、心配だった水曜乗馬。最初に下乗りをすることも考えましたが、それじゃあ何の解決にもならないので、あえて騎乗して頂く事に・・・
やはり蹄跡を真っすぐすすまない・・・首を下げて草を食べようとする・・・などの悪さを試みます。が、そこでバシッと怒れるようになっている馬友さん達、いやいや技術はもちろんのことですが、何よりも気持ちが成長しております。
 初級者の方がバランスに敏感なつばさ君を乗れるようになるには多分最低2シーズンは必要・・・洗礼を受けみんな壁にぶつかり乗り越えてきました。ほんと、皆さん毎週毎週上手になっているので、我が家で乗ってるのがもったいないです。他のサークルで練習したら、もっともっと上手になるのに・・・なんて思う今日この頃です。

2012年10月 8日 (月)

試作第2号・・・

10月に入っても日中は暖かいので、いまだにハエが大量発生。
犬のロビーの耳も、しつこいハエに襲われ続けています。
そんな中、ロビーの耳を守る頭巾がぼろぼろに壊されてしまいました。(犯人は馬のMです)
1008 急遽、新しい頭巾を作ってみたのですが、試しに前回と違う形にしてみました。幅広のゴムをぬいつけて、紐で縛るタイプにしてみたのですが、いまひとつ・・・来年に向けて改良の必要ありです。

久しぶりに悪魔が・・・

 本日月曜乗馬の日。最近、馬友さんたちに自分達だけで馬に乗って欲しく、けっこうほったらかしにしてしまう飼い主・・・今日もほったらかしたら、ひどいことになりました。
 つばさ君の悪い癖が復活してしまいました。運動中、首をがっと下げて草むらに突進。腕力、腹筋背筋のない人は手綱をもってかれてしまいます。手綱をもっていかれた時にお尻が浮いてしまうと、「あ、この人になら俺は勝てる」と、つばさ君思ってしまうので、ますますやられ放題。
 一番最初にやられた時に、がつんと怒れたらここまでひどくはならなかったのでしょうが・・・飼い主気づくのが遅れて、最悪の事態になってしまいました。
 別の方に乗り替わってもらい、しっかり運動させてた後、もう一度騎乗、少し手綱を緩めに持って、なんとか無事に乗ってもらう事ができました。
 体がほぐれる前に手綱をがちっと持ちすぎたんでしょうか?最初から見ていないので、原因がわかりませんが、しっかり指示(馬の体がほぐれるまでは手綱を緩めに乗る)を出さなかった飼い主のミスです。馬友さん、ごめんなさいでした・・・
 馬のウォーミングアップの方法も騎乗者によって方法が違いますが、我が家は手綱を緩めで常歩3速歩4駈歩3の割合ぐらいでします。最初から手綱をガチガチにもってしまうと、馬の首の動きをブロックしてしまいますから・・・動きたくても動けないーってなると馬も気分悪いですよね。なので、らくーに走らせ、体がほぐれるように動かします。ある程度馬体がほぐれたら、手綱を短くもっての運動開始です。
 場所によっては常歩だけでしっかりウォーミングアップしてから、手綱を短くもって運動開始というところもありますので、飼い主たち別の場所で知らない馬に騎乗するときは、どんな準備運動を何分程度したらよいのかを必ず確認しています。

2012年10月 4日 (木)

シャビ君の恐怖体験・・・

10041仔猫のシャビ君。今日、犬のロビーのお散歩で裏の林道を歩いていたのですが、トコトコとついてきてしまいました。
 そしたら、ダンプが一台走ってきました。橋の上にちょこんと座っているシャビ君の姿をみて、ダンプの運転手さんは停車してくれたので、飼い主シャビ君を抱っこして、お家方向に帰ろうとしました。
 ところが、シャビ君、何を思ったのか、飼い主から逃げ出し、家とは反対方向に走って逃げ出してしまいました。追いかけましたが、ますます遠くへ走って逃げてしまったので、諦めてダンプに通ってもらう事に・・・運転手さん徐行してくれてはいましたが、シャビ君、ずーっとダンプの前を走って逃げる逃げる・・・coldsweats02
10042_2  ダンプが走っていった後、飼い主&犬のロビたんはシャビ君の捜索に。道ばたの草に中でシャビ君、にゃあにゃあ・・・みーみー・・・一生懸命鳴いています。迎えにきたよーって言ったら、しばらく出て来なかったのですが、安全を確認できたら、トコトコとついて帰ってきました。
 ダンプに追いかけられたのは、ほんの十数メートルではありましたが、シャビ君にとっては、とっても怖い体験になってしまったようです。この経験を生かして、車道に出なくなるといいのですが・・・

2012年10月 3日 (水)

やっと乗馬シーズン到来

 台風が過ぎ、やっと秋らしくなった浦河町。日中も涼しくなって、乗馬がやっと楽しくなりました。
1003  暑かった時は1時間以上、馬達を動かさないようにしていましたので、ようやく少し長めに馬友さんたちに騎乗して頂けるようになりました。
 乗馬に良い時期も、おそらく今月一杯・・・来月になったら、寒いよーといいながらの乗馬タイムになると思うので、このグッドシーズンを楽しみましょう。

2012年10月 1日 (月)

一日ぶりの放牧

 今朝は台風の影響で家の周りが水没して、えらいこっちゃでしたが、雨が止んだら割とすぐに水が引きました。
 午前10時、まだ水溜りが残っているけど、馬達を放牧することにしました。昨日の日曜日も一日雨で、ずっとお外に出られなかったので、きっとドロドロになるだろうけど、覚悟の上の放牧です。
10016 10017  水溜りの水をゴクゴク飲む、つばさ君。水道水よりも美味しいらしい・・・みさき君も楽しそうに水溜りの中を闊歩・・・
10018  そしてお約束の砂あび・・・一応水のないところでゴロゴロ・・・この後、別馬になっていました。みさきcoldsweats01・・・見事な泥パック。夕方のお手入れ、もちろん大変でした。

台風17号の影響で・・・

 明け方から雨脚が強くなった浦河町・・・家の周りもすっかり水没状態です。
10011 10012  裏の採草地も冠水・・・馬場も庭も水没。そして水位はどんどんと上がり、家の前を流れる小川もあふれはじめ、このままじゃ軽トラックが流されるかもしれないと思い、軽トラックを避難させ・・・
10013 10014  この場所に住み着いて10年以上・・・こんなに水没したのは初めてのこと。
 小川が氾濫してるので、浄化槽に水が逆流したみたいでトイレも流れずに使用不能状態・・・トイレが使えなくなったのも初めて・・・
10015  家から少し離れた所を流れるタンネベツ沢・・・かなり水位があがっています・・・これ以上はあがらないで欲しい・・・

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »