フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« つばさの傷・・・鼻ねじの効力 | トップページ | 鼻ねじ任務終了 »

2012年3月10日 (土)

青色薬剤の謎・・・

 先ほど、獣医さんが往診に来ました。
 抗生物質(ゲンタマイシン)のでっかい注射・・・最初、首に静注(静脈注射)を試みたのですが、つばさ君またまたバタバタし始めたので、獣医さん諦めてお尻に筋注(筋肉注射)となりました。

 昨日患部に注入した青色薬剤は乳牛の乳房炎用の抗生物質で、わざとあの毒々しい青い色を着色しているそうです。いろいろなお薬があるのだなーと、また一つ勉強になりました。

 今日は心に余裕があったので、改めて獣医さんにこうなってしまった経緯を説明しましたら・・・おそらく一番最初にヨタヨタだった時の前に何かが刺さって、その影響で数日後に右足の管が腫れあがったのであろうとのこと。
 その時期、人間がバタバタしていて、ゆっくりと獣医さんに往診を頼めなかったというのもあったのですが(留守番をお願いする人に厩舎にずっと待機してもらう訳にはいきませんでした)、もっと早く獣医さんに診察をお願いするべきでした。
 足の腫れも引いた・・・患部の膿も自然に出てきた(この時期、町内の獣医さんはかなり多忙なのでよっぽどの緊急でないと往診も頼みづらく)・・・このまま治るんじゃない?という流れで一ヶ月・・・つばさ君、今度こそ完治して欲しいです。

« つばさの傷・・・鼻ねじの効力 | トップページ | 鼻ねじ任務終了 »

うま達の病気・怪我」カテゴリの記事

つばさ&みさき」カテゴリの記事

コメント

つばさ君…よく2日も注射頑張りました。早くよくなってね(^○^)

3日で終わりの予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つばさの傷・・・鼻ねじの効力 | トップページ | 鼻ねじ任務終了 »