フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« つばさVS飼い主 | トップページ | 魔法のバケツ »

2012年2月17日 (金)

その後のつばさ君の傷

 今日も冷えた浦河です。天気予報には雪マークなんて全くないのに、時折もう吹雪・・・そんな中、馬服も着せずに放牧されているつばさ君。馬服が傷に当たって痛いと困るので、着せてません。
0217
 気がつけば雪まみれ・・・まあ、熱もないし傷も少しづつ乾いてきたし、いいんでしょ。と、のんきな飼い主。つばさ君てば患部に薬を塗ってやっても、自分で舐めてしまうので、困ったものです。馬用のエリザベスカラー(よく犬とか猫の治療に使うシャンプーハットみたいなもの)って、どこかで手に入らないものでしょうかね。

« つばさVS飼い主 | トップページ | 魔法のバケツ »

うま達の病気・怪我」カテゴリの記事

つばさ&みさき」カテゴリの記事

コメント

治ってきてるみたいで良かったです。

お薬…美味しいのでしょうか(^_^;)

やはり動物は自然に舐めて治そうとするのでしょうか…

人間もたまに
「そんな傷唾つけときゃなおる!」
などと言うことがありますね〜。

つばさ君はノラ馬になっても生きていけるでしょうと、いろいろな人から言われすのですが、本当にそのとおりって感じです。
傷を舐めて治す・・・動物本来の治癒力ってありますからね。これがサラなら、こうはいかないでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つばさVS飼い主 | トップページ | 魔法のバケツ »