フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

待ち人キター

 今日のみさき君、常歩での跛行は飼い主にはほとんど分からず・・・速歩もかなり良い。もう大丈夫なのかな?って素人判断していましたが、午後になって、待ちに待った獣医さんが来てくれました。
 まずはつばさ君の歯の検査。前回の整歯(歯を削る)は平成16年11月・・・6年ぶりだったため、かなり伸びていたようで、今回は鎮静剤を注射して開口器を使いました。(ちなみに前回はあまり伸びてなかったため、鎮静剤も開口器も使わずの整歯でした)。
10311 10312
10313  鎮静剤を注射して5分ほどすると、つばさ君もウツラウツラ・・・開口器をつけようと口を開けようとしますが、こんな朦朧とした意識の中でもなかなか口を開けないつばさcoldsweats01
 作業は15分ほど、40kgある頭を肩で支えてあげるのですが、重いのなんの。いろいろなヤスリで、ゴリゴリと削って、整えるのですが、ハタから見てると、まるで大工さんです。獣医さんなのに・・・
 終了後のつばさ君は馬房の中に戻しましたが、朦朧としながらも草を食べてて、さすが食いしん坊将軍つばさ!!

 続いては跛行のみさき君。軽く歩かせて歩様をチェック。右脚の付け根部分が患部と判明。飼い主にはもう痛くないように見えたのに、獣医さんはあっちモミモミ、こっちモミモミし、筋肉などを触り、即座に痛い部分を見抜きます。おそらく先日の外乗の時、どこかでズリッと滑って脚を開いてしまったのだろうということです。痛み止めの注射を打って、カンメルブルーという液体の消炎鎮痛剤を患部に塗布して終了。明日、また様子を見に来てくださるとのことでした。
 昨日の装蹄師さんにも「痛み止めを飲ませると治りが早くなるよ」と言われたので、治療してもらえて良かったです。
 でも、もうちょっと早く来てもらった方が治りが早くなったはずなので、反省です。みさき君、ごめんね。

 注射の後はみさき君も歯の検査。みさき君は2年前?に別の獣医さんに整歯してもらっていたので、軽く削る程度でした。鎮静剤も開口器も使わずにちょいちょいで終了。

 やはり2年に一回は歯のチェックかな?

2010年10月30日 (土)

みさきの跛行その後

 今日は削蹄でした。装蹄師さんの見立てによれば、みさきの跛行は蹄が原因ではなさそうとのこと。右肩が前に出にくいので、筋肉のどこかを痛くしたっぽい?今日は獣医さんが寄ってくれなかったので、結局のところ痛い原因はわからないままなのですが・・・もし跛行しなくなったら、来週から調馬索での運動を開始しようと思います。乗り運動は様子を見てってことになりそうです。

10301_3  みさき君が乗れないので、今日はS君の乗馬レッスンはピンチヒッターのつばさ君。みさき君のように子供をまかせられないので、軽乗鞍で乗ってもらいました。今日の目標は速歩で両手を離して乗ること!!最初は怖くてできなくても、最後の最後に半周くらいはできるようになったので、やっぱり子供はすごいなーって思います。みさきより大きさも動きも大きいつばさ・・・乗り心地はどうだったかな?

2010年10月27日 (水)

みさきの跛行

 日曜日のトレッキングの帰りから跛行しはじめたみさき君・・・今日も軽くびっこたんこでした。日曜日は常歩でも軽く跛行してたのが、今日は常歩では跛行してるように見えず、でも速歩は肢が前に出ずびっこたんこ。観察したいので、もうちょっと速歩してよーって、軽く追ったら、怒って尻っぱねしたりするんで、飼い主の頭の中は?????どこが痛いんだろう。痛いのなら、動けないはずだけど・・・動けちゃう?悪化しても困るので、速歩させるのはすぐに終了。
 週末までびっこたんこが治らないようなら、獣医さんに来てもらう予定です。
1027 電動ドリルに興味津々のみさき 

2010年10月24日 (日)

秋の紅葉トレッキング2010

 今日は隣町の馬仲間えぬさん&なんちゃってカウボーイさんが、またまた馬を5頭連れて、遊びに来ました。
10242 やっと見頃になった紅葉の中、馬7頭でのんびり歩きました。川の中をザブザブと歩いて行きます。のんびりだけど、充分に非日常の世界なので、まったりと楽しめます。
10243  なだらかなのは、ここまでで、この先は勾配のきつい山を登ります。途中、雨が道を削ってしまい、道はでこぼこに・・・馬だから通れるけど、普通乗用車だったら、まず無理な道路状態。ですので、外乗初心者の人には難しいコースとなっています。
10241  今日の終点、標高200M程の山の広場にて集合写真をパチリ。遠くにはJRA日高育成牧場の屋内走路が見えるのですが、去年新しく出来た林道なので、今ひとつ現在位置が確定できず・・・
 どんどん林道ができるのですが、年月とともに寸断されたり、倒木で通れなくなったりで、裏山に行くのもなかなか大変。どの道がどの程度通れるのか、もっとリサーチしないと行けませんね。
 さて、この後、我が家のみさきくん、石か何か踏んだらしく、跛行してしまい、そのまま常歩にて帰宅。つばさも年寄りなので、一緒に帰ってきたのですが、Nさんちの馬はピチピチ若いギャル(死語?)ばかりなので、もうちょっと奥へ行ってもらうことに。でも、こちらも道が寸断されていたみたいで、つばさみさきが家にちょうど帰りつくときに、後ろから駈歩にて爆走しながら、同時に帰着。
 えぬさんたちは、ランチと馬談義を楽しんだ後、またまた颯爽と帰って行かれました。カッコ良すぎです。

2010年10月18日 (月)

日課

10181_2  つばさ君の朝の日課・・・食後の◯ンチ。
「ふんふん!!今朝も良いボロ出しました。 」 って、健康チェックしているのかなって思うのですが、なぜか臭いを確認しているのは相棒みさき君のボロ。
 なぜにボロをした後わざわざ他の馬のボロチェック・・・健康を気にするのなら、自分のボロを確認したらいいのに・・・と思うのは飼い主だけ?

2010年10月16日 (土)

危険な裏山

 いつもトレッキングやロビたんのお散歩で歩く、裏山の林道・・・
10171 最近、こんな看板が立ちました。おまけに今日の散歩の時に、森林組合のおじさんに「熊出るぞー」って笑われるし。最近は山の中も物騒ですね。鹿に間違われないような服装を心がけていますが、怖い怖い・・・熊も怖いけど。
この看板のおかげで、ハンターさんに誤射される危険はなくなりました。

10072_4  そして、裏山の奥の奥には、見たこともない怪しげな植物が・・・オレンジ色のキクラゲのような(多分)植物。地面からは生えています。毒々しい・・・この謎の植物の名前、知っている方ぜひ一報を!!

2010年10月14日 (木)

ドロドロ・・・後、叩けばほこりが出るみさき

 昨晩の雨で、放牧パドックはドロドロ。こんな状態でもみさきはゴロゴロを絶対にします。割ときれい好きのつばさは地面が乾いてからゴロゴロします。
1014 その結果、ドロが乾いて、カピカピに!!夕方の手入れは金ブラシでドロを落としブラッシング。でも、表面を綺麗にしても、お尻をパンパンと叩けば、もわーっと埃が立ちますcoldsweats01
乗馬クラブなどのピカピカの馬と比べたらあまりに汚いので、ちょっぴり恥ずかしいのですが、綺麗さよりも馬たちの気持よさを優先したいと思います。

2010年10月11日 (月)

子供乗馬デー

 今朝のこと・・・馬を放牧して、厩舎作業をしようとしたら、なんと!!白いフワフワした虫が飛んでいます。なんと、雪虫です。ちょっと気の早い雪虫さん。そろそろ本格的に寒くなるのかしらと思っていたら、今日は思いのほか暖かく、というよりは暑かったのですが、そんな中、馬たちは頑張ってくれました。
10111  親子で定期的に乗りにきてくれている、S君。最近は調馬索での駈歩がお気に入りです。今日は速歩からの移行、速歩への移行を繰り返し練習、途中片手を離しての駈歩もチャレンジです。10112
 その後はお母さんと一緒に速歩部班。なんとか手綱を持って軽速歩をしようとしますけど、ちょっぴり怖くてずっとは離すことができません。今後の課題はサドルホルダーから手を離せるようになることですね。頑張ろう!!

10113  次は馬友さんのお子さんRちゃんをみさき君で引き馬。お母さんがつばさに乗っている間、いつのまにか一人で乗れるようになってました。子供って覚えるのが早いです。

2010年10月 6日 (水)

乗馬会のお手伝い

 今日は隣町の馬仲間Nさんのところにて、開催された乗馬会のお手伝いへ行ってきました。水曜日に我が家で馬に乗る馬友さんを一人ボランティアに誘っていたのですが、千葉から遊びに来ていた友人も急遽ボランティアに参加。突然の話だったのに、応じてくれたお二人には感謝です。おかげで、円滑に乗り降りなどがすすみました。

 Nさんの近所の小学校から1・2年生が15名。保育所時代からNさんちで乗っているし、家が牧場という子もいて、みんな馬には慣れたもの。でも、今日は大きな馬が初めてでおっかなびっくり乗っている子もいましたが、最後には手綱操作も上手にできて、子供の柔軟性に驚かされます。
10062 10061
 お天気も良く、一人4回以上は騎乗できたので、子供たちも大満足だったみたいです。
 のんびりとした乗馬会に飼い主の心もほんわか・・・ボランティアの皆様、お疲れ様でした。

 乗馬会の後はNさんを囲んでのお茶会。ご夫婦でボランティアされていたIさん夫妻にコーヒーを入れて頂いたり、栗ご飯をご馳走になったりと至れり尽くせり・・・ありがとうございました。

 そして、最後にはNさんからのウエスタン乗馬レッスン。ウエスタンはやはり奥が深すぎる・・・全く以てして歯が立たなかった・・・飼い主(私)の指示が支離滅裂で馬が考え込んでました(涙)。Nさん、お世話になりました。

2010年10月 3日 (日)

プレッシャー&リリース

 隣町の馬仲間カウボーイNさんから、ウエスタンのプチデモンストレーションをするから遊びにおいでとお誘いを受けましたので、馬友さんと一緒に行ってきました。
 KAZさんとアラパホ号。ウォーでピタっと停止、ほんのちょっとの合図でスピン?(同じ場所でクルクル回る)開始でそのスピードの早いのなんの。見てて目が回りそうでした。ウエスタンの競技馬なので調教は完璧です。ウエスタン初心者が騎乗しても声での停止やスピンができてしまいます。良い馬って、こういう馬なんだろうなーと漠然と思ったりして・・・誰が乗っても一定の動きをこなせる、騎乗者の技量をみない、試さない・・・どうやったらこのような馬に調教できるのでしょう。
10032 10031
 プレッシャー&リリースを繰り返し、馬に自ら考えさせて自ら選んで動くようにする・・・根気(飼い主に一番ないもの)の必要とする作業です。つばさみさきの脚の反応の鈍さが悩みの種だった飼い主ですが、なんとなく原因がわかってきました。騎乗中、ついついプレッシャーばっかりでリリースをしていなかったかもです。今回、改めて勉強になったことがいっぱい!!まだまだいろいろと試してみたいと思います。

 さてこの度『kaz horse training』は十勝から岐阜へ移転するそうです。いつか遊びに行けたらいいなー。

2010年10月 1日 (金)

つばさ絶食させられる

 昨日の夕方、手入れを終えて馬房の中に入って、夕ご飯の乾草をあげたら、なんと食いしん坊のつばさがご飯を食べません!!前脚を一生懸命カキカキ動か(前掻き)して、何か訴えます。めったに前掻きしないつばさがこんなに前掻きするなんて!!これは疝痛か?と不安に思っていたら、ベテラン馬友さんが人参を持って遊びに来てくれました。
 「これって疝痛ですよね?」
 「っぽいね」
 ということで、放牧地に出してつばさを歩かせます。しばらくしたら、ボロをしたので一安心。1時間ほど、暗い中、様子を見、前掻きする時の間隔が長くなってきたので、一旦馬房へ戻しました。
 お腹痛いのなら、夕ご飯はなし!!
 9時の夜飼いも、念のため夜食もなし!!
ということで、昨晩は絶食。今朝は何事もなかったかのように、ご飯をパクパク。ボロもしてたので、よかったよかった。
 9年間、つばさと暮らしてきて、実は初めての疝痛。やはり年齢が上がってくると、疝痛を起こしやすくなるとのことなので、これからはいろいろと注意が必要になってきます。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »