フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 安全装置作動 | トップページ | 僕たち悪党 »

2009年6月15日 (月)

繋駕に挑戦

 町内の馬友さん(のご主人)で繋駕をしている方がいらっしゃいます。
 繋駕とはケイガと読み、1人乗りの二輪車を馬(トロッター種)に引かせるものなのですが、北海道では道東地方にたくさん愛好家がいて草競馬も盛んです。繋駕競走は速歩(馬の歩様のひとつ)でしか走ってはいけないのですが、そのスピードはサラブレッドの競馬とそんなに変わらないくらい速いそうです。
 来月下旬、浦河競馬祭でレースに出場なさるということで、練習の見学にお邪魔してきました。
 おそらく日高地方では唯一の繋駕愛好家です。
 「ぜひ、乗ってみなさい」というお言葉に、図々しくも甘えて御させてもらしました。馬は5才のトロッター種、ダイちゃん(正式馬名はかっこよすぎて覚えられませんでした・・・ごめんなさい)。

0615_2 06151

 最初は怖々と常歩で走路を一周。そのあとはのんびりとした速歩でトコトコと一回り。乗り心地は乗馬とは全く違ったもの。前に見えるのは馬のお尻という不思議な風景。手綱でのコンタクトは普通の乗馬と一緒。普通に持っているはずなのですが、馬が微妙にふらふらするのは、おそらく拳の力が一定でないからでしょう。ああ、自分の拳の強さが左右均等でないと、改めて反省です。

 その後は調教風景(ものすごく速い速歩)を見せて頂きましたが、あまりの速さに驚きです。Sさん、貴重な体験をどうもありがとうございました。7月のレースは応援に行きますからね!!

« 安全装置作動 | トップページ | 僕たち悪党 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

ブログを拝見して、繋駕競走のことを書かれていたのでメールしました。繋駕競走のことで質問させてください。実は私は今ある本を翻訳しています。その中に繋駕競走のことが出てきたのですが、ちょっとわからない部分があるのです。

Q1.繋駕競走には19番ホールというのがありますか? 

Q2.もしある場合、「19番ホール」に何か特別な意味を持たせて、会話の表現として使うことはありますか? 例えばゴルフですと、「これから19番ホールに行こうか?」という表現は、(プレイ終了後)「これから一杯飲みに行こうか?」という意味合いになるそうです。(ゴルフは18番ホールまでしかなくて、19番ホールというと、18番を終えた後のお楽しみ会、という意味になるらしいです。)

ちなみに私が訳そうとしている英文をそのまま日本語に置き換えますと、「(繋駕競走を8年間やってきて)19番ホールに8年分近づいている」となるのですが、これでは何のことを言っているのか、読んだ方はわからないと思うのです。繋駕競走にもゴルフにも無知なので、一体どういうことを言っているのかがわからず困っています。何か特別な意味があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安全装置作動 | トップページ | 僕たち悪党 »