フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« にゅう犬友ラッキー君 | トップページ | のほほんと過ごせる幸せ »

2009年1月14日 (水)

みさきの興奮スイッチON

 今日は風が穏やかだったのとちょっと時間と元気があったので、久しぶりにみさきに鞍を装着して騎乗してみました。

 林道への道もまだ車のタイヤで圧雪されていない部分もあったので、林道へ入ってみることに。みさきの姿が見えなくなったとたん、嘶くつばさ。寂しがり屋で困ったものです。
 家から50mもすすまないうちにみさきはストライキ。ここから先は相棒と一緒じゃないと進みたくないと。今日は鞭を手にしていたので、そんなこと言わずに、ちょっと行ってみようよーと促してみましたが、やっぱり嫌だったみたいで、同じ場所をくるくると回転。
 そうこうしているうちに、山肌についた雪がどどっと落ちて、みさきはびっくり。気温が上がってきて、木の枝の雪などが落ち始めたみたいだったので、林道を進むのを断念。

 単独で騎乗している場合、無理は絶対に禁物。無理に進んで、何かに驚いたみさきが横っ飛びでもしたら、足元も悪いし滑って人馬転でもしたら、しゃれになりません。ということで、お隣の採草地(雪が20cm積もったら、馬で入ってもいいよと許可をとってあります)へ。ここなら、雪もふかふかだし、広いからちょっとみさきがばたばたしても大丈夫。えっさえっさと、進んでいる途中もつばさは切なそうに嘶いています。あんまりうるさいので、2周で切り上げることにしました。

 帰る途中、また山でほんの少しの雪がざざっと雪崩れました。その音に驚いたみさき君、ついに興奮スイッチが入ってしまいました。ちょっとツルツル道路を歩いていたので、こりゃやばいと早々に下馬。鼻息も荒く、尻尾もアラブ馬のように高く上がって、しまいには立ち上がりかけて・・・なんとかなだめて、帰り着きました。

 放馬とか落馬とかしないで、よかった・・・

 で、みさきの興奮スイッチはその後5分も経たないうちに、切れましたとさ。冬なので省エネモードだったみたいです。

« にゅう犬友ラッキー君 | トップページ | のほほんと過ごせる幸せ »

つばさ&みさき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にゅう犬友ラッキー君 | トップページ | のほほんと過ごせる幸せ »