フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 大会裏話・・・つばさ放馬事件 | トップページ | つばさ、盗み食いするパート2 »

2008年10月12日 (日)

北海道理学療法士学術大会

 平成20年10月12日(土)、札幌コンベンションセンターにて、第59回北海道理学療法士学術大会が開催されました。

 私のお手伝いする「わらしべ乗馬療育研修センター」に所属する理学療法士のKさんが、今回この会でポスター発表しましたので、見に行ってきました。5月に福岡での全国大会にも発表していますが、今回は別の視点からの研究でした。
10121
演題は「乗馬療法における心理的効果についての検討」
10123
 乗馬をしている人9名を対象にPOMS(その時の気分の緊張・抑鬱・怒り・活気・疲労・混乱を問う、アンケートのようなもの?)と唾液アミラーゼモニターによって評価したものの結果を発表しました。
 それぞれ乗馬前と乗馬後に測定しますが、POMSは乗馬後は活気の項目が上昇し、それ以外の項目は低下したそうです。唾液アミラーゼの数値も減少し、共に有意差が認められたんだそうです。

 やはり、乗馬は心理的にも効果があるんですね。

 これをきっかけにして、より多くの人々(特に医療従事者)が、障害者乗馬の世界に興味を持ってもらくれるとよいのですが・・・

« 大会裏話・・・つばさ放馬事件 | トップページ | つばさ、盗み食いするパート2 »

障害者乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大会裏話・・・つばさ放馬事件 | トップページ | つばさ、盗み食いするパート2 »