フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 三石蓬萊山まつり&町民乗馬大会 | トップページ | ロビーを洗濯 »

2008年7月10日 (木)

つばさの蹄・・・ほぼ完治

 先日、6週間ぶりの削蹄でした。
07102
 我が家の馬たちは、いたずらが大好きなので、頭を押さえていないと、すぐに装蹄師さんのお尻をかじりにいきます。

 暑い中、馬たちのちょっかいにも耐えて頂き、本当にありがとうございます。





 さてさて本題。つばさの蹄はどうですか?と装蹄師さんに訪ねますと・・・「あれ?どっちの蹄だったけ?」という具合に、どこが患部だったか、よーく見ないとわからないくらいになっていました。
07101

 これはほぼ完治でしょう。とっても長く、お金のかかった道のりでした。今後は小さな裂蹄も、油断することなく、手入れしていこうと思います。

« 三石蓬萊山まつり&町民乗馬大会 | トップページ | ロビーを洗濯 »

つばさ&みさき」カテゴリの記事

コメント

お尻かじり虫~、(古?)
蹄が完治まで至り、良かったですね!

引き馬、張り馬、肢あげ、削蹄、と
”あたりまえ”に出来る馬が
なんと優秀に思えることか!

最初から何でもできるコなんていないですよね~
人間も動物も、いっしょですね…

あらためて気づかされること多々の今日この頃。

ロープアドバイス、thank youです~。

そうなんですよね。
肢あげって、普通にできる馬ばっかりと思ったら、やはり手のかけられていない馬は最初はできないし・・・後肢のあげかたも、育った場所で微妙に違ったりしますよ。

「変わらない馬はいない」というお言葉を信じましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三石蓬萊山まつり&町民乗馬大会 | トップページ | ロビーを洗濯 »