フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 覆馬場の恐怖 | トップページ | 3月 »

2008年2月29日 (金)

覚悟

 時々乗せてもらった事のあった馬の訃報が夕方届きました・・・朝からのひどい疝痛(腹痛)で開腹手術を受けるために隣町の診療所に移送するも、年齢も高く麻酔に耐えきれず手術前に息を引き取ったとか・・・先週、乗せてもらった時は元気だったのに・・・今頃はきっと天国に行く途中ですね。痛みから解放されて、楽しく走っているかな・・・しょっちゅう居眠りしていたかわいい馬でした。タイショウ君、乗せてくれてありがとうね。

 かわいがっていた馬がいなくなる度に考えずにはいられません。
 馬を飼うにあたり、いろいろとボーダーラインは引いているつもりです。どこまでは治療して、どこからは安楽死させるのか(お金をいくら払えるかってことなんですが)・・・幸いなことに我が家に来てから、まだ大きな病気をしたことのない2頭。でも、これからは年齢とともに病気になる確率もあがってきます。いろいろと覚悟をしておかないとです・・・

« 覆馬場の恐怖 | トップページ | 3月 »

馬たち」カテゴリの記事

コメント

タイショウ君、天馬になりましたか…
どんな馬にもいつかは…ですが、それは人間でも同じ事ですよネ 苦痛無く逝かせて上げたい…それだけです。
馬と暮らす事は、ゴールも心構え出来ていないと、判断は全てオーナーさんですからネ…苦しみを長引かせるよりは…って思います。 常日頃から、信頼できる獣医師を決める為の話し合いも大事だと思います。  

・・・ご冥福をお祈りしております・・・

永野さま
いろいろと考えさせられますね・・・・今度、獣医さんと話し合ってみます。

なつごはんさま
タイショウは、きっと天国でも居眠り中だと思います。時々パドックや馬房で豪快に居眠りしていて、何度もびっくりさせられました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覆馬場の恐怖 | トップページ | 3月 »