フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« つばさの裂蹄その後 | トップページ | 浦河障がい者乗馬普及・支援会 »

2007年7月25日 (水)

芦毛のポット君

 朝から快晴の浦河。今日はサークルの練習の前に我が家の馬っこたちの昼ご飯を準備すべく、汗だくになりながら草刈りをしました。この時点で体力の50%は消耗済み。
 乗馬公園は我が家より海に近いからきっと涼しいはず・・・と思いきや、あんまり変わらず。こんなに暑い(といっても22度くらい?)のに、今日の練習は覆馬場の中。多数決で屋内に決まりました。外は風が通って涼しいかもしれないのですが、馬が物見をするかもしれないというリスクが大きいので、実は私も屋内派。参加者9名に使用馬5頭(モモコ、ストロベリー、ポットメンデス、バロン、ユリタロー)。私は2鞍目のポット君。朝から草刈りしたので、ばてばてヘロヘロの私を乗せて、ポット君もがんばってくれました。サラブレッドに乗るのは久しぶりだったので、ツーポイントの練習などしてみたり、駈歩のシンプルチェンジをしてみたり・・・ポット君、とてもよい子で感激でした。ただ、乗り手の技量がないため、馬は伸びきったまま。
しかし!!3鞍目は馬術部出身の上手な人が乗ったら、ハミを受けて、すてきな首になっています!!そんなに手綱をきつく持っているようには見えないのに・・・うーん、と唸っていたら、その後にちょこっと乗せてもらうことができました。ポット君、賢いので、私が乗っても、すぐにハミを受けてくれて、感激が2倍。でも、移行の時に首が上がり反抗モードに入り、いやいやをしはじめました。そんな時は一度常歩に落として、最初からコンタクトを取り直すようにとのご指導。最初は手綱をきつめに持って、正しい位置で受けたら、譲る(これが難しいんです)・・・良い状態の馬に乗せてもらって、感覚を身につけることも大切とのこと。早く、自分でできるようにがんばらねば!!
 蒸し風呂状態の中での乗馬は、人馬ともに汗だくになりました。すっかり、体が暑さでバテてしまいました。

« つばさの裂蹄その後 | トップページ | 浦河障がい者乗馬普及・支援会 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つばさの裂蹄その後 | トップページ | 浦河障がい者乗馬普及・支援会 »