フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« お花見トレッキング | トップページ | 青草のシーズン始まるも、まだスリム »

2007年5月16日 (水)

手綱を伸ばしての駈歩

 本日の練習、参加者11名、使用馬6頭(ユリタロー、アカネ、バロン、ストロベリー、モモコ、オスカーレ)。私は2鞍目のストロベリーちゃん。先週に引き続いての挑戦です。
 2鞍目で乗り変わり、ベリーちゃんはなんだか落ち着きなく、騎乗者もちょっとビビり気味。落ち着くまで話しかけながら常歩。落ち着いたところを見計らって、輪乗りで軽速歩開始。3〜4周したところで、こまめに手前を変え、途中、輪乗りを開いたり、閉じたり。常に内方姿勢を意識。その後、横木通過にチャレンジ、低いものはなんなく通過するも、少し高くなってしまった途端、物見して停止。やってもーたです。騎乗者はあまり意識しないようにしていたんだけど、やっぱり微妙な心の変化に馬は素直に反応したって感じでしょうか?2回目は素直に通過してくれたので、ホッと一安心でした。
 最後に輪乗りでの駈歩をしました。以前に各個乗りで駈歩にチャレンジした時より、楽に乗っていられたせいか駈歩を持続できたのですが、馬が首を下げてきたら、下げた分だけ手綱を伸ばすように指示を受け・・・徐々にじわじわと手綱を伸ばすも、ぶらーんとまでは伸ばす勇気がなく、途中ドキドキし始めたら、ベリーちゃん敏感に感じ取って、速歩になってしまいました。ベリーちゃんを心の底から信用するには、もうちょっと時間が必要です。

 午後は「つばさ」に騎乗。手綱を伸ばしての駈歩・・・つばさだったらできるんだけどな。あとは、8の字での駈歩でシンプルチェンジの練習。馬が覚えていて、勝手にやってしまうので、練習になっているのかどうかは疑問。苦手な右手前駈歩もきちんと発進できるようになってきました。

« お花見トレッキング | トップページ | 青草のシーズン始まるも、まだスリム »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お花見トレッキング | トップページ | 青草のシーズン始まるも、まだスリム »