フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« やればできる!! | トップページ | 日曜3時は・・・ »

2007年4月13日 (金)

プライベート講習その2

 先日「つばさ」君のナチュラルホースマンシップをして頂きましたが、そのことについて少し・・・
 彼は我が家に来る前から、かなりの悪い子でした。彼がどこでどんな基礎調教を受けて来たのか、さだかではないのですが、人間の制止を振り切って、逃げるという悪い癖を覚えてしまっていて、この悪い癖が原因で、前にいた場所からお役御免になり、我が家が引き取ることになったのです。
 我が家に来てからも、青草めがけて脱走2回、調馬索運動中に人間をぶっちぎって逃げること度々・・・最近は、逃げられないように調馬索の時はサイドレーンをしたり、ひき馬の時は絶対に鼻にチェーンをかけるなどの、防衛対策をとってきました。
 でも、これでは根本的解決にならないし、馬との関係は良くなるどころか、ますます人間不信になってしまう。かと言って、自分たちでは、どうやって改善したらよいのかわからない・・・そんな時に、出会ったのが、この調教方法。
 最初は見よう見まねで、やってみたが、やっぱり、失敗。馬も人間もよくわからないまま、やっても、そりゃあ、うまく行く訳がない。
 そこで、帯広での講習会参加のお誘いを受けますが、ひき馬でコントロールできない馬をよその牧場に移動させて、放馬でもしちゃったら大迷惑かけてしまうので断念。そんな時に救世主のように現れたのが、馬仲間の十勝のHさん。ここは、もうお力を貸して頂いて、一度、基本的なことを馬に教えてもらおうと思って、頼み込みました。

 「つばさ」は、最初正面に立つHさんを、顔を背けて、両方の目で見ようとしません。これはまだまだ人間に集中していない状態。つばさが、人間に集中してくれるまで、何回も立ち位置をかえたり、バックさせたり、リードロープで刺激を与えたりの作業をすること数分。やっと、つばさが正面からHさんを見るようになります。ここから、本格的に調教がスタートします。
 段階を踏んでプレッシャーを与えて(リードロープの端っこをぶんぶんと回したり、調教用の棒を使ったり)、馬に脚を動かすように要求します。ちょっとでも動いたら、リリースして、ほめてあげます。これの繰り返しですが、途中、馬の喜ぶこともしてあげます。痒いところを掻いてあげたり、一緒に走ったり、この時間帯はとっても楽しい事もするんだよということも取り入れます。今まで、要求ばかりしていた自分に反省です。
 馬の4本の脚を動きを指示できるようになったら、この動きをコントロールして円を描くように馬を動かせます。前脚を外側方向にステップさせて、前進させたら、あら不思議、ちゃんと円になっています。停止の時は後脚をコントロールして体を内に向けるようにして停止。
 約1時間の講習でしたが、最後の方のつばさ君は十勝のHさんをリスペクトしてましたし、飼い主はつばさにもできることを発見し大感激の講習会となりました。冷たい風がびゅーびゅーと吹くなかで調教をして下さった、Hさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 そして、次の日・・・復習をかねて私がチャレンジ。つばさは案の定、私を正面から見ない(わざとっぽい)のですが、いろいろとやっていくうちに集中してくれるように・・・そして、いままで、右手前の円運動を開始する時は暴走スタートだったのが、きちんと常歩からできました(感激です)。前日、Hさんからいろいろと教わったことを考えながら、チャレンジしたのですが、なんとなく理屈が理解できてきたせいか、指示を伝えられるようになりました。また、すごく前に「みさき」にも調教をして頂いたので、みさきにもチャレンジ。みさきも私が指示の出し方を覚えたせいか、素直に指示に従ってくれました。あまりにも素直にやってくれることに拍子抜けしてしまい、もうちょっとおもしろいことをさせようと思い、ビニールシートの上を歩かせてみました。飛ぶかなと思ったのですが、ふんふんと匂いをかいで、その後はずかずかと上を歩いてしまいました。かなり、大物です。もうちょっと、音とか触感に驚くとかのリアクションをして欲しかった・・・

馬とよりよい関係作りをめざして、まだまだ頑張らねばです。 

« やればできる!! | トップページ | 日曜3時は・・・ »

つばさ&みさき」カテゴリの記事

乗馬」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。

やっぱりそういう理由があって躊躇されていたのですね。講習会に来ている方々は、皆いろいろなタイプの馬の調教方法に関心があるので、例えば「引き馬に問題あり」だとか、「調馬索で暴走する」馬はどうあつかったら良いかの良い例題になるので、迷惑だなんて心配はいらないと思います。Nさんもいますし、ぜひ来月は20日に予定されているのでどうでしょうか?場合によっては、その前にもう一度か二度僕がそちらで触ってみても良いですが?

考えてみてください。

先日は本当にお世話になりました。つばさ君も少し変わったようですので、前向きに検討してみます。
Nさんのところの馬運車の定員にあきがあったら、参加してみようかな・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やればできる!! | トップページ | 日曜3時は・・・ »