フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 高松宮記念 | トップページ | 元気が一番 »

2007年3月26日 (月)

プライベート講習

 今日、いつもお世話になっている十勝のHさんが、我が家に立ち寄って下さったので、「みさき」のナチュラルホースマンシップレッスンをお願いしました。Hさんに作って頂いたナチュラルホルターを装着して「みさき」をHさんに託します。
 03263 今までやったことのないことに、「みさき」は戸惑いの目で飼い主である私に助けを求めてきました。あー、これは馬が集中しないなあと感じましたので、目線が合わないように厩舎の中からこっそりと観察すること数分。「みさき」の頭の中はきっと?マークだらけだったとは思いますが、Hさんの要求にきちんと答えてくるようになります。「みさき」の正面にHさんが立って、リードロープをちょいちょいと振っただけで後退ができるようになりました。ちょっぴり感動。03262 やはりきちんと教えることのできる人がやると違いますね。
 ひととおりレッスンが終了し、今度は私が挑戦。私がリードロープを手にした途端に「みさき」はすりすりと寄ってきてしまって、私は一歩後退。この動作は間違いです。馬がボスは自分だと勘違いしてしまう原因を作ってしまいます。リードする人間のテリトリーに馬が侵入してきたら、いけないことだと教えてあげます。どうやら、今まで馬と人間の距離が近すぎたみたいです・・・「みさき」の正面に立って、自分に集中(馬がきちんと両方の目で人間を見ていることが大切)させて指示を出します。堂々と威圧感たっぷりに(なかなか難しいのですが)。自信なさげにやると「みさき」もそっぽを向いて、「あんた、何がやりたいのさー。」とやられてしまいますが、あんたのボスは私よ!!と強い気持ちを持ってやると、不思議と伝わって、指示どおりにやってくれました。
 それから指示を出して(プレッシャーを与えて)馬がそれに対して反応を見せてくれた時の、私のリリース(許す)のタイミングが遅いことも教えて頂き、大変勉強になりました。今回貴重なプライベートレッスンを受けて、馬だけでなく飼い主である私の方にも問題点が多くあることを痛感。かわいがるだけでは、私の目指す信頼関係は結べないことがよーくわかりました。目指せリスペクトされる飼い主!!
 十勝のHさん、暴風の悪天候の中、貴重なレッスンをして頂き、本当にありがとうございました。

03261 最後にちょっとだけ「つばさ」もチャレンジ・・・問題を抱える馬とほど、よりよい関係を築く努力をしなくてはならないのですが・・・

« 高松宮記念 | トップページ | 元気が一番 »

つばさ&みさき」カテゴリの記事

乗馬」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してまーす!
つばさがHさんに集中している様子がよく分かる写真ですね~。
Hさんはかなり上級者ですからラッキーでしたね!
4月は一緒に帯広行きますか?乗っけて行きますよ~!!

馬との関係が破綻していることを実感させられました・・・関係修復に努力せねばです。馬の動きをもっと観察しないとですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高松宮記念 | トップページ | 元気が一番 »