フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

つばさの裂蹄2

 昨日は削蹄、装蹄の日でした。つばさの左前肢の裂蹄は、ひどかった時に比べると本当によくなりました。ですが、まだもう少しの辛抱が必要のようです。去年は冬前に蹄鉄をはずしてしまったのですが、今年は冬もつけることにします。冬の方が乾燥しているため、ヒビが入りやすいとのことですので、がんばってつけることにしましょう。雪の時の放牧は心配ないですが、「みさき」がいじめるので、凍ってしまった時は2頭一緒には放牧できなくなるかもしれません・・・1031



赤丸の中が裂蹄のおおもと!!ここが無くなれば、完治ですが、まだまだ時間はかかるとの削蹄師さんのお話です。周りに数カ所、点々と黒くついているのは釘を打った跡です。

2006年10月29日 (日)

祝新装開店!!

我が家が北海道上陸をした十数年前よりお世話になっている札幌市白石区のお寿司屋さん。昨年10月に立ち退きのため涙の閉店・・・我が家に北海道のおいしい味を教えてくれた有り難いお店だったのに・・・でも信じていました。また食べられるって!
そして先日、場所をあらたに新装開店!!昨日、常連友達と訪ねてきました。久しぶりのおいしい食事とお酒に心も体も満足です。場所は札幌市の南郷18丁目駅近く、札幌徳州会病院の並びです。今度の年末年始は安心してお正月を迎えられます(我が家のおせち料理はいつもお願いしているのですが、今年のお正月だけは食べる事ができませんでした)。
1028

2006年10月28日 (土)

1年点検

昨年11月13日の納車から、もうすぐ1年。
ということで、昨日、札幌三菱自動車販売里塚店まで1年点検&改善対策まで行ってきました。1年乗って気になるところを相談。助手席のドアの締まりが悪い、運転席側のパワーウィンドーの開閉がスムーズでない時があるなど。パワーウィンドーは次に行った時に部品交換となり、ドアは調整をしてくれたとか。(ランダー君は気密性が高いためにどうしても半ドアになりやすい車なんだとか。パッキンがなじんできたら、よくなるんだって。あと、窓が空いていたり空気が抜ける場所があると大丈夫らしいけど、窓は開けっ放しにしないから対策にならないです。)窓の部品交換にしても保証期間中に交換しておきましょうと、先方からのお話。昔より対応が良くなったかも・・・です。
オイルとエレメントを交換、改善対策でエアバッグフロントインパクトセンサーの交換、他は特に問題はありませんでした。もうすぐまた冬・・・しっかり走ってくれたまえランダー君。

2006年10月25日 (水)

練習10月25日

 本日のサークル練習、参加者8名、使用馬4頭。私は2鞍目のストロベリー号。部班に誘われましたが、ストロベリーは先頭馬なので、私なんかが先頭やったら部班がぐちゃぐちゃになると思い、丁寧に辞退。馬場の奥でひっそりと個別練習。とにかくいつもストロベリーに乗ると極度に緊張してしまうので、常歩でひたすら輪乗り。素直なベリーちゃんは騎乗者の体がカチカチだと、首をあっちむいてホイして、教えてくれます(と、勝手に解釈)。ハミのコンタクトがなかなかとれないので、泣きそうになりました。こんな状態の中で速歩して大丈夫かなと思いつつも、軽速歩をはじめました。先生から膝をキューって締め付けると、いやですう、とベリーのペースが早くなるので気をつけてとのアドバイス。乗っている本人はそんなつもりはなくても、ベリーちゃんのペースが早くなると、ついていけずにバランスを崩し、膝に力が入り、ますますペースアップ。そこで、自分と葛藤です。今までの自分なら馬を一回止めて最初からやり直しをしていましたが、今日はなんとかそのまま乗ってみました。するとあら不思議。ベリーちゃん、だんだんと落ち着いて来て、一定のペースで速歩をしてくれました。手前を換える時に私がバランスを崩すと首が上がってしまいますが、その後はしっかりとハミを受けての速歩。
 今日はストロベリーがちょっと好きになれた1日でした。来週は駈歩にチャレンジです。

2006年10月23日 (月)

講習会に参加

 10月22日、23日と障害者乗馬の講習会に参加してきました。場所は我が家から自動車で3時間の町。朝6時出発、途中でお友達をピックアップ。早朝ということもあり順調に到着。
 9時半から座学。午後から実際に障害を持った人を乗せてのレッスンを見学。その後、また座学。そして、懇親会の後、解散。宿泊先へ移動。翌日も朝9時半から座学。お昼から馬を使った実技。戻って座学。16時半解散。20時半帰宅、というスケジュール。

 今回の講習は障害者乗馬インストラクターだけでなく、国内の理学療法士(PT)の講義もあり、大変勉強になりました。このPTの方はご自身で乗馬療法を実践されていらっしゃいます。いろいろな障害を持ったお子さんの乗馬についての詳しいお話を聞く事ができ、今後の自分の活動にぜひ活用せねばと思いました。

 そして、「自分の体の動きを理解できなくて、どうして人に教えられますか?(自分が馬に乗れなくて、どうして人に乗馬を教えられますか?)」という、障害者乗馬インストラクターの講師の方のお言葉を、きちんと受け止め、日々学ばないといけないと感じました。乗馬の技術がまだまだ未熟な自分は、言葉でうまく人に教えることができないのが悩みなのですが・・・でも、だからといって何もしないでいるわけにはいきません。とにかく伝えるということを何回もして、失敗を重ねて、経験を積むしかないでしょう。障害を持たない人に正しく伝える事ができなくて、どうして障害を持った人に乗馬を教えることが出来ましょうか・・・どんな人が乗ろうと乗馬の基本は同じですから。

 講習会は自分の意識向上のために定期的に受けた方がいいと実感です。ちょっと先が見えなかった自分の方向に、また道が見えてきたかな・・・

2006年10月22日 (日)

3冠ならず

残念ながらメイショウサムソンの3冠はなりませんでした。展開が向かなかったのか、勝った馬が強かったのか。エルコンドルパサー産駒の勝利、早くして亡くなった父の跡を継いでその血筋を残すべく菊花賞を勝利したソングオブウインド、馬券は外したが良しとしよう。といっていたら、ガンバ逆転負け。これでレッズとは勝ち点差6となった。引き分けぐらいはと思っていたら前半終了で0-2、まあこんなもんかと馬の手入れを終えたらなんとなんとの結果。去年も失速したガンバ。あとは着々と勝ち進めばリーグ制覇だ。Banner_a02

亀山

昨日のレッズvsフロンターレ、出かけなければならない用事があり家では見られず。丁度空いた時間に、電気屋さんのテレビで前半を観戦。52型の亀山工場産ワイドテレビ。引いた位置からのカメラでも一人一人がよくわかり、さらにボール以外の周りの状況も確認できてとても良い感じ。まるでスタジアムにいるような感覚でした。速い動きでは少し荒いこともありましたが、これならいつもイライラするしつこい個人アップの映像いりません。ワイドな位置からのカメラ1台でOK!しかし50数万円という値段と、置く場所を考えたら今は手が届きませんね。試合は2−2のドロー。上位相手に勝ち点差を縮めさせなかった事は良しとして、次につなげて行きましょう。菊花賞、浦河産馬メイショウサムソンの3冠なるか?競馬も大型ワイドテレビだと大迫力なのでしょうね。

2006年10月18日 (水)

譲りすぎとは・・・

 本日のサークル練習、参加者6名、使用馬4頭。私は後半のストロベリー号に15分、モモコ号に30分という騎乗。
 例の如く、ストロベリーが苦手な私は恐る恐るの騎乗です。とにかく常歩で馬の様子をじっくりとみながら、内方姿勢をとる練習。輪乗りの線上で馬体がきれいな弧を描くように乗ります。ハミのコンタクトが正しくとれないと、ストロベリーの顔があっちむいてホイ状態になってしまいます。ベリーの顔が下がったら、内方の拳で愛撫(このタイミングが、実は私よくわかっていません・・・)。外方の拳は絶対に譲ってはいけません。輪乗りの径を大きくしたり小さくしたりするには、内側の脚で押したり、外側の脚で押したり・・・乗馬は忙しいのです。
 その後モモコに乗り変わっては、歩度の詰め伸ばしを練習。詰める感覚はなんとなくわかっていても、伸ばすって時は手綱を前にばっかり出していましたが、実はこれはどうも正しくないらしいのです。ハミは受けたままで、脚などで推進を正しく与えて歩幅を広げるっていうのが正しいのでしょうか?今まで、かなり間違った詰め伸ばしをしていた事が判明しました。いったい何年馬に乗っているんでしょう。反省です。今日の練習の成果は、今までモモコの駈歩での歩度の詰め伸ばしができませんでした(詰めると速歩に落ちてします)が、今日はできました。ひとつひとつずつでいいので、できることが増えるとうれしいものです。そして今日はハミを譲る時、私の場合は譲りすぎとの指導がありましたので、今後の課題にしたいと思います。

2006年10月17日 (火)

エドウィン・ダン・エンデュランス馬術大会2006出場断念

 来月(11月18日(土)、19日(日))に近隣の新ひだか町(旧静内、旧三石町)と新冠町でエドウィン・ダン・エンデュランス馬術大会2006が開催されるとのことです。10kmの競技があるというので、参加しようかなと、やる気満々でした。今年は地元開催の日高エンデュランス馬術大会に参加しなかったことだし、10kmくらいならトレーニングなしで参加できるかなと思っていたのです。
 しかし、昨日、要項が届き(毎年なぜか要求しなくても届くので有り難いことです)、エントリー費用を見て、びっくり。10km競技1万5000円とは。高すぎです。ちなみに40km2万。60kmトレーニングライド2万、60km2万5000円、80km2万5000円なり。他の競技のエントリー代はまあまあ妥当かなとは思いますが、この10kmで1万5000円っていうのは、どこから算出したのでしょう?我が家は自馬参加が可能ですが、もし借馬した場合1頭あたりだいたい2万、輸送費5千円〜1万などなど、経費がかかり、合計すごい金額になりますね。
 馬を使ったスポーツは、まだまだお金持ちのスポーツなんですね。
 確かに大会運営には膨大な費用がかかりますが、長距離ライドの競技に気軽に入門してもらおうとするのなら、もうちょっとお値段もお気軽にして頂きたいものです。
 ということで、我が家は参加を断念致します・・・

2006年10月16日 (月)

新天地へ

 アルバイト先の乗用馬が相次いで退厩しました。 葦毛のサラブレッド、ミクセル号は先週の木曜日に北海道・旭川の乗馬クラブに。私を一生懸命乗せてくれたマイティボールド号 が今朝、北海道・長沼の乗馬クラブに移動となりました。2頭とも出発の日はピカピカに手入れされていました。新天地でも、かわいがってもらえることを心から祈らずにはいられません。まだまだ現役で働けるので、がんばって欲しいものです。ミクセル、マイティ、長い間、お疲れさまでした。
10163_3
葦毛のミクセル。個性的なヤツでした。あまり乗る機会もありませんでしたが、ファンは多かったです。




10161_1 10162 マイティボールド号です。20歳とは思えない毛づやです。国体にも出た事があるそうです。私のよき先生でした。

2006年10月15日 (日)

秋の遠乗会

 雨で一週間延期となった今年の秋の遠乗会。隣町のNさんが愛馬5頭を引き連れて、遊びにきてくれました。151006
 紅葉する山の中をのんびりと7頭でトレッキング。コース途中には先週の暴風雨の影響か、倒木が多数。下馬して、よけながらのコース進行となりました。
 それにしても、今日の「つばさ」は久しぶりの外乗のせいなのか、若いお嬢様牝馬が多数いらっしゃったせいなのか、落ち着きがなく、真っすぐ走らずに、困ったものでした。おまけに我が家の2頭は体力がなく、Nさんたちメンバーに迷惑をかけてしまいました。みなさんごめんなさいです。
 トレッキング終了後は恒例のバーベキュー大会。Nさん持参の鮭のチャンチャン焼と味付き牛カルビ!!ごちそうさまでした。Pict0006
 つばさもみさきも良い汗かいた1日でした。

2006年10月14日 (土)

初霜、初氷

道内各地でこの冬一番の寒さだったらしい今朝、我が家の周りも霜が降り真っ白。車のフロントガラスもバリバリに凍っていました。確かに冬は一歩一歩そこまで来ているようです。つばさもすっかり冬毛に被われ、少し運動すると汗だらけ。風邪引くなよーと一応は心配してあげています。

2006年10月11日 (水)

正反撞の壁

 本日のサークル練習、参加人数9名、使用馬6頭。私は2鞍目のモモコ。1鞍目が部班運動(それも、かなりハード。)だったため、馬の体はすでにほぐれた状態で、とても乗りやすかったです。今日の個人的目標は正反撞の練習。反撞の小さいモモコではありますが、うまくいくのは最初の数分。だんだんと膝に力が入って、脚が上にあがってきて(ついでに拳も)、お尻がポンポンと跳ねて、しまいには鐙がぬげてしまいます。それも左ばっかり。バランスが崩れると、こういう状態に陥ってしまうので、バランスの取れる騎座を一生懸命探しますが、なかなか簡単にはつかめないものです。乗り越えなければならぬ壁は、まだまだ高い!!サークルのメンバーで毎年カドリール(馬の団体シンクロみたいなもの?)を12月にするのですが、基本は速歩での正反撞。今年もあるのかどうかまだわかりませんが、とりあえず練習しておこうと思います。

2006年10月 9日 (月)

初冠雪

昨日までの大雨の影響を見に軽トラ子(軽トラック)と共に裏山の林道へ。するとなんと日高山脈、白いではありませんか!!昨日ストーブ焚いたのも当然でした。冬は間違いなくやって来ていますね。

061009

2006年10月 8日 (日)

ついに始動

 昨日、今日と雨降りお天気だった日高地方・・・着込んでも、寒さが解消できず、ついにストーブを焚いてしまいました。本当は11月まで封印の予定だったのに・・・ほんの数日前までは日中、半袖だったのにですよ!!

2006年10月 7日 (土)

NHK総合

 今日のレッズ対ジェフはNHK総合の放送。通常全く問題のないところだが、我が家はNHK総合が電波状態の影響で映りがとても悪いのだ。ここ数日は特に悪く、何が映っているか、何をしゃべっているのかわからずとてもイライラする。いつもならハイビジョンでもやってくれるのだが、今回は無し。というわけで、もらいテレビをしに何処に行こうかと(って、そう行く所も無いのだが・・・)。
 早々に一人少なくなったジェフに対し圧勝、というわけにもいかず、とはいえ一時の状態からは間違いなく上向きになってきたレッズ。アウェー0-2のお返しをキッチリできました。欲を言えばあと1.2点は欲しかった。まあ残りの試合、一つ一つ1点差でも勝ちを積み重ねれば優勝にたどり着ける位置にいるのは嬉しい事。出来ればNHK総合のみの放送は勘弁して欲しいなあ。
 何処で見たか?それは内緒です。

2006年10月 4日 (水)

スズノスワロー号引退

 町内にある障害者の療養施設に併設する障害者乗馬の施設で長年活躍した、スズノスワロー号という馬が本日を持って引退しました。JRA日高育成牧場で普及馬をしていた彼が障害者乗馬のインストラクター養成学校に来たのは1999年のこと。最初は乗馬初心者の学生を乗せていました。おとなしい性格だったので、激しい運動が難しくなった頃、障害者乗馬専用の馬となり、その背にたくさんの人たちを乗せました。
 引退式にはたくさんの人たちが駆けつけ、彼の出発を見送りました。スズノスワロー、長い間、お疲れさまでした。そして、ありがとう。引退後は町内の牧場で余生を過ごします。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »