フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

浦河町民乗馬大会

 今日は町民大会の本番でした。朝、8時半に隣町の馬仲間Nさんの馬運車に迎えに来てもらい、出発。「つばさ」は例の如く、おいてきぼり。乗馬公園に到着すると、かわいらしいポニーからドレスアップしたサラブレッドまで多種多様な馬と人間がたっくさんいました。「みさき」もちょっとは興奮するかとおもいきや、全くそんな気配なし。飼い主だけが緊張していたような。
 クロスBの1番手は飼い主1号と乗馬公園の馬オスカーレ号。09302タイム55秒に1番近い人が優勝という競技。先生が調整をかけてくれて、すぐにスタート。あまりイケイケになってしまうと、お尻が浮いて押さえられなくなることは充分にわかっているので、押さえて押さえて・・・オスカーレは行く気満々だったのですが、騎乗者がヘッピーなため、かわいそうなことをしてしまいました。78秒もかかってしまい散々な結果。でも、無事にゴールしたので、よしとします。(来年はもっと練習して、どの位のペースでまわったら何秒かとかも訓練しておかないとと思った競技初参加者でした。)
 さてさて、我が家のみさき号。騎乗者のおかげで、09303 障害もきちんと飛び、なんと3位入賞。そして、町民大会初参加のNさんとシーラ号、優勝しました。パチパチ!!
 午後からは覆馬場に会場を移してのジムカーナ競技。待機中に突然バックミュージックが鳴りだし、みさき君びっくりびっくり、さらに拍手にびっくりびっくり。そういえば、物見はあまりしないけど、音には弱い馬だってことを、すっかり忘れていました。
 みさきは1号がオープン参加でエントリーしていましたが、急遽十勝から遊びにきていたHさんに出場して頂くことに。せっかく来ているのに、見てるだけなんてもったいない人物ですので、ぜひぜひとお願いしてしまいました。やはり上手な人が乗ると違います。みさきが別馬に見えました。駈歩もでるでる。そして、09301次は2号が参加。 すたすたといいペースの速歩でまわってきました。
 さらに「みさき」君はアトラクションにも参加。大活躍の1日でした。

2006年9月27日 (水)

4分の1アラブの血

 今日は久しぶりにサークルの乗馬練習に参加してきました。大会前の最後の練習で大会に出場する会員さんは気合い充分?私も急遽出られなくなった会員さんのかわりにオスカーレ号でクロスB競技(最初の4障害は地上横木で5から8障害がほんとに低いクロス)に参加することとなりました。今日の練習は1周目は速歩でポチポチとまわって(オスカーレはなんていいこなんでしょう!!安心して乗っていられました。脚の長さも有利ですよね。)、2周目は駈歩でなんとかまわってみました。実はわたくし駈歩での障害通過は生まれて初めて!!馬は良い子なのですが、騎乗している人間が緊張しっぱなし。来年「みさき」でクロスBにエントリーへ向けて、人間もちょっとは慣れておかねば。とにかくひとつひとつ落ち着いて真ん中にむければ、あとは馬が賢いのでまたいでくれることでしょう。どうしてもダメな場合は常歩でもいいんだから、と指導の先生のお言葉です。
 さてさて、我が家の馬2頭。今日は雨が降るってことなので、朝から追運動をしました。みさきは4分の1アラブの血が騒ぐのか、尻尾と首を上げて、さっそうと走っていました。後ろのつばさはといいますと、うんしょ、うんしょ0927 と一生懸命みさきを追いかけていました。体が重そうです。

2006年9月24日 (日)

町民乗馬大会の練習

 9月30日(土)に浦河町民乗馬大会があります。障害飛越競技、ジムカーナ、部班競技などがあり、町民や近辺の乗馬愛好者なら誰でも参加できます。みさきは友人Oさんに騎乗してもらってのクロスB、飼い主2名がジムカーナにエントリーしています。今まで障害を持った人を乗せての競技参加の経験はあるみさき君ですが、普通の競技は今回が初めて。無事にゴールできるか非常に心配です。
 今日は大会練習のために馬仲間Nさんの愛馬シーラちゃん(クロスBにエントリー)と一緒に練習へお出かけです。今年はエンデュランスにも参加しなかったし、みさきにとっての初輸送でしたが、バタバタと騒ぐこともなく、落ち着いて乗り込んでくれました。
 乗馬公園に到着し、馬を下ろして馬装し、いざ、屋外の競技馬場へ入ります。09241 みさきは障害の支柱(競技に使うカラフルなもの)は初めて見るので、大丈夫かなと心配でしたが、あまり気にすることなく通過していました。障害とは関係のないものを気にしてはいたようですが。09242_1 そして、あいかわらず、障害に足をがんがんぶつけていました・・・ とりあえず、参加することに意義があるってことで。
 屋外での練習を終えて今度は屋内のジムカーナのコースの下見に。乗馬公園の馬が数頭、屋内競技馬場の中にいて、みさきが興奮するのではないかと心配しましたが、これも普通で落ち着いていました(練習で疲れていたという噂も)。乗馬公園チームの練習の合間にみさきもジムカーナの練習をして、本日の練習は終了。
 当日も落ち着いて競技に参加できるとよいのですが。(乗ってる人間次第?)

2006年9月23日 (土)

つばさの裂蹄

 本日、装蹄・削蹄の日でした。つばさの蹄、表面のヒビの長さはかなり短くなりました。これは、かなりいい感じ!!と勝手に思い込んでいたら、装蹄師さんにまだまだかかるよと言われ、がっかり。その原因は蹄の裏を見せてもらって、わかったのですが、まだまだ深く傷があります。蹄鉄をつけてしまうと見えなくなるので、無知な私達は蹄壁表面のヒビさえなくなればーって思っていたのですが、甘かったです。
09232 ひどいときは下から3分の1くらいまでヒビが入っていましたが、削蹄してもらった後は、こんないい感じになりました。
09231 裏のヒビは、蹄鉄をつけてしまうと見えなくなってしまいます。かなり深いので、完治は難しいとも言われました。
やはり冬になって蹄鉄をはずしてしまうと、ヒビがひろがってしまうこともあるので、今年の冬は蹄鉄を着けたまんまにしたら、との提案も受けました。いいんだけど、凍った時が怖いんですよね。冬の蹄鉄は。

2006年9月22日 (金)

ロビー、マムシに咬まれる

 それは、18日の夕方の事でありました・・・
 奥の牧草地に散歩に出かけたところ、突然の雨。雨宿りしようと木の下へ。そこには先客の黒っぽい、しっぽの主。犬のロビーはいつも見るアオダイショウくんと同じと勘違いして、ちょいちょいと手(足)を出しました。飼い主はいつものアオダイショウくんと違う蛇と認識し、だめだめと制御。正体不明の蛇くんは山の中へ、姿を消したはずだったのに・・・ところが、ロビーちゃん、急に飛び上がってびっくり!!ジャンプして後退。どうしたんだろうと思いつつ、帰宅。そして夕方のエサとなるはずでした。
 エサを前にしたロビーちゃん、突然きゃんきゃんと悲鳴をあげはじめ、そのうち動かなくなり、目もうつろで、意識が遠のいてほんの10秒ほど昏睡状態に・・・そして自力で動けなくなり丸まってしまいました。いくら、のほほんとした飼い主でもこの状態は絶対おかしいと思い、地元の動物病院に電話するも祝日のため電話には出ず。最後の神頼みで、獣医の友人に電話をし助けを求めてしまいました。友人のアドバイスどおり家にあった薬を飲ませ、様子を見る事に・・・しばらくすると、動くようにはなりましたが、顔まわりが腫れてきました。そして、口元にははっきりと蛇にかまれた傷痕があり、血が流れています。その咬傷の形からマムシではないかと判断。人間だと咬まれたら処置が遅ければ死に至ることもあるといいますが、犬猫は免疫を持っている(らしい)のであせって血清を注射したりする必要なないとか。マムシは溶血毒を持っているので、咬まれたロビーの傷痕は3日間ほど血が止まりませんでした。
 4日たち、顔の腫れはだいぶ引きましたが、まだまだ完治には時間がかかりそうです。いつものきりっとした顔に戻れるのはいつになるのでしょうか?

09183


マムシに咬まれた夜の様子。口元の赤い部分が傷です。この後からだんだんと顔の腫れがひどくなります。

09221


3日後の様子。だいぶ腫れも引いた感じです。すっかり元気で、いつもどおり猫にも馬にも吠えてます。

2006年9月21日 (木)

山ぶどう

気がつけば、すっかり秋も深まりました。秋の味覚がわんさかです。
毎年、裏の牧草地に実る山ぶどう・・・いつもいつも収穫時期を逃していました。おまけにこの木、高いところにあって、竿かなんかが必要なんです。いつかは山ぶどう酒(ホワイトリカー使用)を作るのが夢でした。
ところが、今年は意外な所に山ぶどうの木を発見!!これはもらわずにいられませんと思ったのですが、その熟し具合の監視をぐうたらな私は他人まかせにしておりました。本日いい感じですよと言われ、さっそく収穫に行ってきました。
0921 その秘密の山ぶどうの木には熟した房がわんさか、わんさか。あまり欲張ってもよくないので、自分の使う分だけ収穫しました。帰宅後さっそく実をひとつひとつもぎ取り、洗い、ホワイトリカーと氷砂糖(適当に)につけ込んでみました。どんな味になるのでしょう。楽しみです。
秘密の場所には大きな栗の木もあって、今年は実がたくさん着いているので、いっぱい拾うように言われています。苦労せず、秋の味覚を味わえて、幸せ幸せ・・・

2006年9月18日 (月)

初物!!

 馬用の乾草が今日から今年の2番牧草に切り替わりました。奥の緑色のものが今年の2番牧草です。色が去年のもの(写真で下のもの。これは1番牧草)とは全く違います!!おいしそうです。新茶のようないい匂いがします。馬たちも柔らかくて、うまいうまいと言って食べています。09181

2006年9月16日 (土)

常歩運動

 乗馬の常歩(本気の)ほど、難しいものはありません。ほんの数分でも、しっかり後ろ脚の踏み込んだ常歩をするとかなりの運動量。騎乗者は、腹筋・背筋フルに使い、さらに馬に推進の指示を出すため、脚も使って・・・浦河町では予防介護事業に乗馬を取り入れるという取り組みも始まります。きちんとした動きをする馬に乗るのであれば、常歩でも充分運動にはなるように思います。
 本日、私(2号)は午前中アルバイト先の20歳のじいちゃん馬でひたすら常歩運動。約50分間、輪乗り、巻き乗りしたりでの輪線運動でまじめに常歩きしたら疲れました!!
 夕方は我が家の馬たちの運動。1号は最初、真面目に「つばさ」の常歩をしたらかなり体にきている様子。乗馬は常歩だけでも充分運動になります。後半は「みさき」での単独駈歩にチャレンジするものの、みさきは座骨での推進をバランス良くできないとすぐ速歩に落ちてしまうのでかなり気力、体力消耗したらしいです。私は駈歩での横木通過を練習、少し怖さがなくなってきました。通過の瞬間、体に力が入るが自分でもよくわかり、その微妙な力が馬を速歩にしてしまうこともわかっているのですが、やはり数をこなすしかないのでしょう。

2006年9月11日 (月)

I LOVE OUTLANDER

 困った事に、我が家のお嬢にゃんこ「アニー」嬢が、車のランダー君に恋をしました。乗り心地?が良くって、ひんやり冷たくて、気持ちいいらしいです(前車のボンネットに乗る事はしなかったので、よっぽど気に入ったのでしょうか)。おかげでランダー君のボンネットにはいつも猫の足跡が点々とついています。本当は乗って欲しくないけど、かわいいから許す!!これが、他の「小次郎」とか「わか」だと即刻退去願うのですが、「アニー」はかわいいので、何をやっても許される・・・世の中本当に不公平です。0911

2006年9月10日 (日)

久しぶりの外乗

 本日霧雨降る中、ひと月ぶりに裏の林道へトレッキング。少しずつ紅葉し始めている山を散策。道中は砂利が多く蹄鉄を履いていない「みさき」は、いてーよって言いながらも歩いてくれました。「つばさ」はだらだら常歩をさせないように騎乗者が必死に歩かせていました。しっかりと常歩をさせることが実は1番難しい!!
 今年はヒグマが出没中ときいていたので、乗っている人間はとっても緊張。でも、フンや足跡などの痕跡もなく無事に帰ってこられました。よかったよかった。

 実は昨日、友人に我が家の2頭に調整をかけてもらいました。「つばさ」は初心者の人を乗せるとよれよれして悪さするし、「みさき」は駈歩の手前が正しく出ないという状況が先週発生!!これは、私の悪い癖が馬に何らかの影響を与えてしまったかと心配し、頼み込んで乗ってもらって確認です。結果、特に問題なし。「みさき」も正しい扶助を送れば正しく駈歩し、「つばさ」のよれよれは脚をきちんと馬体につけていない、あるいは推進不足によるものじゃあないかとのこと。とりあえず、馬に問題なくてよかったです。でも、自分にもっと指導できる力があればと思う今日この頃です。

2006年9月 9日 (土)

行幸啓

昨日今日と浦河町を天皇皇后両陛下がお通りになられました。昨日は隣の新ひだか町からえりも町へ向けての旅程で、浦河町役場で御休憩をお取りになられたとのこと。今日は御宿泊先の様似町から浦河町を通って十勝方面へ。帯広空港から東京へ向けてお帰りになられたとか。
我が家も一生に一度あるかないかの事!!ということで、朝から気合いを入れて出かけてきました。待つこと1時間以上・・・お車は時速10km、早かったです。でも、きちんとお顔は拝見できました。
09091 09092

2006年9月 6日 (水)

シャーロック

 本日のサークル練習、参加者10名、使用馬4頭。なんでも、乗馬公園の馬たちは夏の疲れが出て、みんな体調を崩し、使える馬がこれしかいないとか。そして、私は3鞍目のシャーロック。こいつは巨体の葦毛馬(セン馬)。いろいろな馬たちになぜか嫌われているので(白く目立って、おまけにでかいし、足音もドスドスとしているせいか)、めったにサークルの練習にも使わない。個人的には嫌いじゃないけど、好きでもない1頭。
 1年ぶりに乗ったが、さくさくと動くので、とても乗りやすかった。でも、駈歩が持続せず。20分の騎乗時間なので、中途半端に終ってしまった感じ。もう少しいろいろやりたかった。シャーロックで悪さをされた記憶がないので、先生がばっちり調整してくれた彼に乗る事は嫌ではないのだ。
 今日はとても疲れたが老体に鞭打って、夕方には家の2頭にも30分ずつ騎乗。「みさき」の成長に改めて驚く。私が乗っての、単独騎乗でも、駈歩はもちろん巻乗りまでできるようになっている。「つばさ」は相変わらずの良い子であったが、途中、猫が見えない所から突然乱入してきたため、横っ飛び。びっくりした。駈歩は気持ちよかった。

2006年9月 4日 (月)

やるな!浦高!!パート2

 昨日、全国高校サッカー苫小牧地区代表決定戦を結果が出そうな時間帯を見計らってアエルまで見に行ったのに、なんと11時キックオフがまだはじまっていない状態だった。どうやら午前中の雷雨の影響で開始時刻が遅れた模様。午後から所用があったため、観戦はあきらめて帰宅。
 今朝の新聞の結果によれば、浦河高校は北海道栄に3対1で勝ち、全道大会への出場を決めていた。24校で北海道代表の座を争うらしい。がんばれ、浦高!!

2006年9月 2日 (土)

やるな!浦高!!

秋の高校サッカー、苫小牧支部予選が浦河のアエルで開催中。今日は準決勝。地元浦河高校はベスト4に勝ち上がり、決勝を賭けての一戦。応援に行ってきました。11時キックオフ。相手は苫小牧東高校。前半から押し気味の浦高、0-0でハーフタイム。
060902 後半20分、浦高先制するが28分フリーキックを入れられ同点。そのまま試合終了、PK戦となった。ここで浦高のキーパーが大活躍!1人目と3人目を止め、2人目のボールはポストに弾かれる。対する浦高は3人目までキッチリ決めて、決勝進出決定。相手は北海道栄高校。
やっぱりサッカー、生観戦が良い。応援があまり無くて静かで、ここでひとり大声を出すのもはばかられ・・・遠慮気味に声出してきました。

さあ、明日の決勝。頑張ってもらいましょう。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »