フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月28日 (水)

帰ります

帰ります

さあて、帰国の時です。これから日本までは12時間の旅、さらに乗り換えて千歳まで頑張って帰ります。詳しい旅行記は帰ってからまたゆっくりと。さよならドイツ。

結果は?

今日のスケジュールはブラジル戦が先だったのね。今車内放送で結果を言ってたけど、聞き取れませんでした。

世界の車窓から

世界の車窓から

今、フランクフルト行きの国際列車EC8での移動中。もうすぐイングランドの合宿地バーデンバーデンの駅です。スペイン・フランス戦は見られないけど、ブラジル戦には間に合う予定です。

2006年6月27日 (火)

さよならスイス

さよならスイス

PK戦では若さを見せたスイス。08ユーロ選手権応援するよ!さてこれから、フランクフルトへの移動。ハイジの街からクララの街へ。いよいよ旅も終わりが近づいてきました。

スイス頑張れ

スイス頑張れ

この時期ヨーロッパに居るメリットはワールドカップがオンタイムで見られる事。ここスイスでは、ドイツほどの盛り上がりは無いものの、みんな気にしています。レストランのお兄さんは、まあ今回はこんなもんでしょう、みたいな事を言っていました。スイスは2008ユーロ選手権が目標ですね。

マイエンフェルト

マイエンフェルト

今日は1日マイエンフェルトの山をさまよっていました。ハイジの山小屋へ行きたいのになかなか良くわからん。結局ビールにありつけたのは2時半過ぎの事でした。

2006年6月26日 (月)

ハイジの国に沈む夕日

ハイジの国に沈む夕日

9時だというのにやっと夕焼け。これからワールドカップは今日の2試合目が始まります。1日が長いこの季節、飲んでも飲んでも夜が来ません。

スイスへ

スイスへ

一夜あけ、少し落ち着いたミュンヘンを立ち、次の目的地バート・ラガーツへ。ドイツからオーストリアを経てのスイスへの鉄道旅行座席指定も無事取れて、後は乗り換えと目的駅に降りられるか。とにかく何を言っているのかわからん列車内放送が強敵。頼りはトーマスクックの時刻表です。

2006年6月25日 (日)

平和的結末

平和的結末

ドイツ2―0勝利。スタジアムはまさしくホーム。PKを外したラーション、責められません。イムラヒモビッチ、本調子じゃないし、見られただけでよしとしよう。

前半終了

前半終了

ドイツが思った以上の出来で前半終了。スウェーデン応援しようと思ってたけど、周りそんな雰囲気じゃない!ドイツも好きだからいいけどね。目の前で2点見られました。

2006年6月24日 (土)

ミュンヘンスタジアム

ミュンヘンスタジアム

ふだんはアリアンツアレナ、ワールドカップ期間中はワールドカップスタジアム。雰囲気最高。ちょっと場違い?試合前の練習中です。

いよいよ、の前に

いよいよ、の前に

いよいよドイツ対スウェーデンの日。ミュンヘンの街は両サポーターが大盛り上がりでワールドカップという感じ。ワクワクしてきます。でもその前にやっぱりビールでしょう。ジョッキがデカい。

モーツァルト

モーツァルト

モーツァルトとサウンドオブミュージックの街、ザルツブルクに来ました。ミュンヘンから特急で順調なら2時間弱。歴史ある街とビールを満喫し、明日の試合に備えます。

2006年6月23日 (金)

到着

到着

家を出てから、24時間、やっとミュンヘンに到着。しかしドイツ語はわからん。ブラジル強いね。お休みなさい。

2006年6月21日 (水)

ドイツ対スウェーデン

 我が家の24日現地観戦のカードが決まりました!!ドイツ対スウェーデン。予想通りです。明け方、祈りながらイングランド対スウェーデンをテレビ観戦していましたが、スウェーデンを応援しつつも、勝っちゃ−ダメよー引き分けでいいのよーと叫んでいました。ドイツ対イングランドだけは勘弁して(怖いでしょ)という祈りが届いたのか、希望どおりスウェーデンがグループBを2位通過してくれました。よかったです。ほんとに。
 98年フランス大会(日本対クロアチア、日本対ジャマイカ)と2002年日韓大会(ドイツ対サウジ)では予選リーグしか観戦できませんでしたので、今回はよりレベルの高い決勝リーグを観戦したいなあと日本戦を含み7試合をFIFAに申し込みましたが、この試合のみ当選しました。カテゴリー3なので、あまりよい座席ではありませんが、W杯(それも本場サッカーの国での開催)を肌で感じ、とにかく楽しんできたいと思っています。
 いよいよ明日ドイツ、ミュンヘンに向けて出発します。うまく携帯を使いこなせたら、現地からブログをアップしたいと思いますが、なにぶんにわかユーザーのため、非常に怪しい限りです。

2006年6月20日 (火)

いよいよ大詰め

いよいよ大詰め

グループリーグもいよいよ大詰め。混戦となっているのはイタリアかチェコが消えるかもしれないE組と、さよならフランスの可能性のあるG組。でも我が家に取っては、ドイツ頑張れ、スウェーデン負けるな、です。

2006年6月19日 (月)

日本なんとか勝点「1」

 W杯予選、日本対クロアチア・・・0ー0の引き分けに終りました。川口がPKを止めた時は、よっしゃー、ジーコさんの強運がこちら側に、向いて来た!!と、思いましたが・・・残念。8年前のフランスW杯の時には勝てなかった相手、8年前は得る事のできなかった勝ち点「1」。多少の進歩は認めてあげよう。
 決勝トーナメント進出も可能性がゼロではない限り、あきらめるな!!意地と根性とゴールへの執念を他国チームのように見せて欲しいです。ジーコさんの超強運にも期待しつつ22日を待ちましょう。
 それにしても、韓国はやはり強いんですね。さすがです・・・

2006年6月16日 (金)

スウェーデンやっとこさっとこ

 本日1号4時起床。2号はなんとか5時起床。
B組スウェーデンもパラグアイ相手に何度となくあったゴールチャンスをものにできず苦戦。後半44分やっとこさっとこ、ユングベリがヘディングで1点とってくれました。決勝トーナメント進出に一歩前進です。1位通過はイングランドに決まるとして・・・2位通過は絶対スウェーデンに!!でないと、1号がうるさくてかないません。ずーっと前からイブラヒモビッチだー!ラーションだー!と騒いでおりますので。家内安全の為にもぜひぜひお願いします。
A組もドイツ、エクアドルが決勝トーナメント進出を早々に決めましたが、1位/2位通過によっては、先々の問題が(ブラジルとの対戦がいつになるか)。最後まで目が離せません。
 体がだいぶ早起きモードになってきました。が、日曜夜の日本戦にあわせて今度は夜更かしモードに切り替えます。

2006年6月15日 (木)

ドイツやっとこさっとこ

 4時起床でテレビ観戦。後半ポーランドに退場者が出て数的優位にたったにも関わらず得点がなかなか決められずはらはらしましたが、最後の最後に途中交代のヌビルがやっとこさっとこロスタイムに1点決めてくれました。ドイツグループA1位通過にむけて、一歩前進です。
 途中交代の選手が大活躍。クリンスマン監督采配大当たりです。

2006年6月13日 (火)

世界は甘くない

 W杯予選、日本はオーストラリアに3ー1で逆転負け。それも残り10分の間での3失点。最後の1点は仕方ないにしても、同点に追いつかれた時に、何か別の対策をして欲しかった。監督経験の差とテレビで言っておりましたが、何事も経験って大切なんですね。W杯初監督のジーコ監督よりも経験豊かなヒディング監督に軍配が上がったということでしょう。ジーコさんの運の強さに期待していましたが、ここぞというこの時には発揮できなかったようです。精神的ショックの大きな試合結果となりましたが、選手たちも上手に切り替えて、次のクロアチア戦への準備をすすめてくれるといいのですが・・・
 その他の試合はイタリア1勝(順当です)。チェコがアメリカに勝った?アメリカだって弱くないはず。チェコってFIFAランキング2位だって!!勉強不足でした。
 それにしても、眠いです。

2006年6月 9日 (金)

いよいよ開幕W杯

 さあ、いよいよサッカーワールドカップ・ドイツ大会が開幕です。寝不足の日々が始まります。が、そうそう毎日毎日、寝不足になってはいられないので、必然的に見る試合を選ぶことになりますね・・・とりあえず、開幕戦はみなきゃあとは思いますが。日本代表はもとより、我が家としてはA組、B組の動向が気になるところです。がんばれ、ニッポン!!がんばれ、ドイツ!!
 レッズは水曜の試合に負けて、さっさとナビスコ杯から消えてしまったし・・・3冠の話はどこさ行ってしまっただ?まったく、がっかりです!!6月下旬のドイツ合宿で、しっかり気合い入れ直して下さいよ。リーグ戦は、しっかり頼みます。
 とにもかくにも、サッカー三昧の日々が始まります。優勝はいったいどの国が・・・毎回、恒例の家庭内トトカルチョで、優勝国とベスト4を予想しますが、私は大穴狙いの為か、当たった事がありません。今回も堅く・・・・と、予想すればいいのに、・・・だあ、なんて言っちゃったりして。

2006年6月 4日 (日)

エンデュランス裏方の会

 この時期恒例となりましたトレッキング大会を本日開催。いつも日高エンデュランス馬術大会を裏方で支えて下さっている、スタッフを招いての開催です。
 隣町の馬友達のNさん宅から馬が4頭・・・我が家の馬とあわせて計6頭でのトレッキングとなりました。「つばさ」と「みさき」はNさん宅の馬運車が到着すると大興奮!!おんなだ、おんなだとばかりに大騒ぎです(Nさん宅の馬はみんな牝馬)。馬装後、小さい馬場で馴らし運動をして、いよいよトレッキングに出発。
 林道を行き、そして小川を通り、いよいよ山道に入ります。2号は軽トラックにて追走部隊で、後を追いましたが、なかなかよいペースで登って行ったと思います。常歩がメインでしたが、ところどころに速歩も入り、馬がばてないよう気を使います。登りきった頂上でUターン。今度は下りです。下りは馬も慎重になりますが、無事に下山。そして、今度は第2グループに乗り変わりました。第2グループは上級者チームということで、よりアップダウンの激しい別コースへと進みます。こちらは軽トラックでの追走が難しいので、行ってらっしゃいと見送ります。騎乗者の話によれば、「つばさ」も「みさき」もばてることなく、走行したとか。体力ついたなあ、(特に今年はトレーニングしていないのに・・・)と、感動の作者たちでした。
 トレッキングのあとは、焼き肉食べて、馬談義に花を咲かせ、楽しい1日となりました。また、秋にできたらいいなあ。

04062


Nさん宅のうまれたてのどさんこの赤ちゃん。めんこかったあああ。

04061

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »