フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

つぶやき

  • 飼い主1号 twitter
  • 飼い主2号 twitter

2017年10月 8日 (日)

あらん君、遠乗会に参加する

21 今日はJRA日高育成牧場にて、遠乗会が開催されたので、あらん君と一緒に参加してきました。
Dsc02802 Dsc02815 Dsc02854JRAの馬6頭、乗馬公園の馬4頭の中にお邪魔させていただきました。
初めての場所におっかなびっくりだったあらん君でしたが、他の馬達がいたので、暴れたり入れ込んだりということはありませんでした。
Dsc02862_2 Dsc02876_2 Dsc02883_3  9時10分スタートで、途中何回か騎乗者を変えて、11時過ぎにスタート地点に無事に戻ってきました。
 足の長いサラブレッドに一生懸命ついて歩いたあらん君、最後まで頑張りました。
22_3 Dsc02885 Dscn2148  帰りの馬運車に乗るのをまたまた渋りましたが、無事におうちに戻れました。 
 あらん君、お疲れ様。今回は一回もなかなかったね。また一歩、成長したね。

2017年10月 7日 (土)

あらん君、練習する

 あらん君、地上横木の駈歩通過を練習してます。
2 1  障害飛越の練習の一番最初の練習です。一定のリズムで通過できるように練習しますが、足を当てることなくまたげるようになってきました。

2017年9月27日 (水)

あらん君、またまたまた蕁麻疹発症

実は町民大会の二日前の金曜日の朝、あらん君蕁麻疹を発症しました。
Img_1685Img_1679  朝は全身だったのが、徐々に引いていき昼には消えかけていました。蕁麻疹を警戒して青草もあげてないし、全く原因が思いつかず・・・
 ということで大丈夫かなと判断し夕方、運動をしました。そうしましたら、夜飼付け時に胸前に蕁麻疹を確認。ひどくならないことを祈っていましたが、翌朝の大会前日にまた全身プラス顔に蕁麻疹発症。これも夕方には治りました。
Img_1694 Img_1695_2  運動によるストレスからくる蕁麻疹なのか、餌が何か悪いのか?全くわからず・・・(涙)
 前日は運動も控え、大会当日も朝から蕁麻疹が出てるようなら、あらん君での出場はキャンセルしようという話までしていました。
 が、たまたま友人と電話をしていて、朝出た蕁麻疹が夕方に治るっていうのはもしかしたら寒いからかも!というアドバイスを受け、土曜日の夜は裏戸も窓も閉め、できるだけ寒くないようにしてあげたら、翌日の朝は顔に少しポチッと出ていましたが、この程度なら大丈夫だろうということで、大会に出場し無事にジムカーナ競技に参加することができました。
 大会翌日の月曜日と火曜日の朝、顔に少しだけポツポツ出ましたが、全身に広がることなくそのまま治りました。あらん君の蕁麻疹、このまま完治してほしいです。

2017年9月24日 (日)

秋季町民乗馬大会2017

今日は町民乗馬大会でした。
Dsc02782 Dsc02793 Dsc02795  あらん君で馬友さん2名と飼い主1名の合計3名でジムカーナにエントリー。
 ベテラン馬友Mさんはなんと3位入賞!あらん君初めての賞状ゲットです。
 馬友さんJさんは3週間前に急遽騎乗していただくことになったので、あらん君での練習はあまりできずでしたが、無事にゴールできました。
Img_2607 Dsc02800_1  飼い主は目標だった「一瞬でも駈歩でコースを走ること」が達成でき満足?でもあらん君の反応が良すぎて、駈歩がポンポンと出てしまい、後半はコントロール不能となってしまいました^^;フラフラしながらも、なんとか無事にゴールできました。
 今年もいろいろな体験をしてあらん君大変でしたが、 一応体力的にも精神的にもちょっとずつ成長しているようで嬉しい限りです。

2017年9月17日 (日)

あらん君、お出かけする

 9月24日は秋季町民乗馬大会が開催予定です。ということで、あらん君を馴致しに浦河町乗馬公園に連れて行きました。
Dscn2094_1 Dscn2101 Img_6583  今回は馬運車にも、前回ほどごねることなく、すんなり乗車。乗馬公園に到着後、厩舎の蹄洗場をお借りして、馬装。
 覆馬場の反対側の入り口が開いていたため、その場所で物見をしていましたが、最後には近寄れるようになりました。ジムカーナのコーンやブロックは大丈夫。ただ、終始落ち着くことなく、全く乗り手に集中できていなかったようです。
Dscn2113 Dscn2114_1 Dscn2118_1  終わった後は全身シャンプー。滅多に全身洗わないので、あらん君ピカピカに綺麗になりました。
 施設使用料を支払えば、町有馬でなくても使用できる乗馬施設が町内にあって、本当にありがたいことです。
Dscn2122  あらん君去年までは、仲間を探してよく嘶いていましたが、ヒヒーンといわなくなってきました。大人になってきた証拠でしょうか?

2017年9月16日 (土)

ジムカーナ練習

 9月24日は秋季町民乗馬大会。
 今年もあらん君がジムカーナ競技にエントリーしたので、ちょっと練習。
A Dscn2090 Dscn2087_2 まだまだ横の柔軟を勉強中なので、回転が苦手^^;さてさてどうなることやら・・・

2017年9月13日 (水)

雨あがってオセロの石になる?

昨日は雨で舎飼いだった馬たち。今日は朝から放牧・・・後、オセロの石になったみさき君。
Dscn2081 Dscn2084 Dscn2086白黒はっきりさせたかったのかもですね。

2017年9月12日 (火)

削蹄

雨の中、削蹄に来ていただきました。
Dscn2079 Dscn2080  洗い場だと少し暗いため、最近は外で削蹄してもらっていたのですが、今日は大雨・・・
 ということで、厩舎に入ってすぐのスペースでの作業となりました。つばさ君が顔を出してあらん君にちょっかいをかけて困りました^^;
 去年の秋には後肢の蹄壁(前方)がすり減って大変だったあらん君の蹄、今回の削蹄後も綺麗にお椀型になって一安心です。

2017年9月 7日 (木)

いたずら大好き、あらん君

 あらん君はいたずらが大好きです。
Dscn2034  夕方の収牧の時、みさき君が洗い場に入るのをごねました。そこにあらん君が登場、僕がみさき先輩をエスコートしますよ!?と、引手を飼い主から奪い取り・・・でも、馬房からでは洗い場には誘導できませんね^^;

2017年9月 6日 (水)

つばさ君の栄養斑点

冬に向けての換毛期、つばさ君に栄養斑点が出てます。
Dscn2042_2 Dscn2043  アザラシみたいです(^^;;

2017年9月 3日 (日)

黄色い花の中をトレッキング

 ちょっと涼しくなったので、裏山へトレッキング。
Dscn2017 Dscn2012 1 Dscn2010 どこへ行っても黄色いオオハンゴンソウがいっぱい咲いていて、とても綺麗。涼しくなってもアブや他の小さな虫はまだまだいっぱい!虫除け対策していって正解でした。
Img_6565 Img_6568  馬たちも久しぶりの外乗で、楽しそうでした(^^)

2017年8月28日 (月)

あらん君、蕁麻疹のその後

 

あらん君の蕁麻疹・・・
Dscn1991 Dscn1993  日曜の夕方はポツポツの部位が移動?顔、首、背中部分は良くなり、写真のように今度は後肢の外側内側と胸前の下の方に確認。
 そして月曜の今朝、ほどんど消えかかってきてます。このまま、良くなりますように!

2017年8月26日 (土)

あらん君、またまた蕁麻疹発症

 あらん君、木曜日の運動直後、右胸前にちょっと蕁麻疹が出ました(虫刺されの痕があったので、虫刺されが要因?)が、これは夕方には消えましたのでホッとひと安心・・・だったのに、昨日の夕方・・・今度は全身にうっすらポツポツとまた蕁麻疹を確認(涙)原因は何なのかさっぱり・・・
Dscn1928 Dscn1933  朝になったら良くなるかなあと思ったら、だんだんと酷くなり、ついには顔にまで!写真は土曜の朝9時頃の状態です。
 夕方の時点で酷くならなかったので、このまま様子見となりました。

2017年8月16日 (水)

あらん君、蕁麻疹発症

 朝飼の4時半、あらん君のお尻と両後肢部分にブツブツと発疹を発見。昨日の青草に何かアレルゲンが混じっていたか、虫に刺されたか?原因は不明ですが、夕方まで様子を見ることにしました。
 そうそう写真を撮って記録しなくてはと思い、午前9時過ぎに集牧した(日中はアブが酷くて舎飼い中)時に撮影したら、発疹は消えかかっていて記録写真でもあまりわかりません(^^;;
Dscn1892  夕方にはすっかり綺麗に治っていて、まずは一安心しました。あらん君も蕁麻疹は初めてで、ちょっと焦りましたが、重症化しないで本当に良かったです。

2017年8月14日 (月)

ばんえい競馬

 8月13日、1年ぶりに帯広競馬場へオオゾラシンスケ号の応援に行ってきました。
Dsc02697 Dsc02700 Dsc02708 Dsc02720  第8レースには斑柄のブチオも出走。で、結果は1着ブチオ3着オオゾラシンスケでした。惜しかったです。
 せっかく来たので、ばんえいグランプリまで競馬を楽しみましたが、ちょうど勝毎花火大会の開催日だったらしくスタンドから花火も見えて、とてもラッキーでした。

«茜色の虹